毎日キレイ

  1. HOME
  2. 三浦理恵子の美容ライフ
  3. 記事
三浦理恵子の美容ライフ

第101回 星占いを中心に幅広い著書を持つ石井ゆかりさんに聞く(上)

三浦理恵子さんも愛読している石井ゆかりさんの著書「『美人』の条件」

三浦理恵子さんも愛読している石井ゆかりさんの著書「『美人』の条件」

 心地よい風が秋の香りを運んできてくれるこの季節が私は好きです。読書の秋……芸術の秋……やはり、なにより食欲の秋。皆さんはいかがお過ごしですか?

 今回は、読書の秋にちなんで、念願だったこの方にお会いすることができました!!

 星占いに関する文章を多く書き、インタビュー集や旅のエッセー、児童文学の魅力を紹介する本の執筆などさまざまなフィールドでも活躍するライターの石井ゆかりさん。今回から、石井さんとの対談をお届けします。お仕事や日々の暮らしのことなど、幅広くお話をうかがいました。

 ◇石井さんの言葉から勇気をもらえる

 三浦さん:今日はお会いできてうれしいです。以前からいろいろなところでお名前をうかがっていたので、どんな方なんだろうとワクワクしていました。

 石井さん:こちらこそうれしいです。人見知りなので、緊張しています。

 三浦さん:石井さんの占いをよく拝見するのですが、いつも言葉の選び方がすてきですよね。読むと自分の中でイメージがふくらんで、勇気をもらえたり、ポジティブになれたりします。ツイッターでも毎朝、その日の占いを配信されていますよね。

 石井さん:はい。お陰さまで楽しみにしてくださる方が非常に多く、長年続けています。12星座分を毎日書くのは大変に感じることもあるんですが(笑い)。もともとは自分でウェブサイトを作りたいと思ったことがきっかけで始めました。何を載せようかと考えた時に、たまたま自分でできた占いをコンテンツにしようと思いついて。当時は、ここまで皆さんに喜んでいただけると予想していませんでした。2000年から続けていて、そこから書籍のお話や雑誌の連載につながったりもしているので、ありがたいです。

 三浦さん:ウェブサイトを作りたい気持ちが先だったんですね。計画を練って準備したのではなくて、すぐ動き出したというところに女性らしい柔軟さを感じます。

 石井さん:言われてみると、確かにそうかもしれません。買い物をする時も下調べをしないで買うことが多いので、「もっとちゃんと調べなよ」と人に言われたりします(笑い)。

 ◇占いが人気になるとは予想外だった

 三浦さん:それにしても、占いがここまで人気になるとは予想外だったんですね。意外なところを周りに認めていただいて、それがお仕事として広がることは、人生においてときどきありますよね。私もデビュー当時、スタイルにコンプレックスを感じていたんですけれど、ある日マイクロミニのスカートを勧められたことがあったんです。勇気を出してはいてみたら、褒めていただいたので驚きました。その後「THE夜もヒッパレ」(1995~2002年放送の日本テレビ系音楽バラエティー番組)では毎週着るようになりました。本音をいうと、慣れるまで少し時間がかかったんですが(笑い)。

 ◇旅エッセーやインタビュー集など幅広い著作

 三浦さん:石井さんのご本は、星占いだけでなくエッセーやインタビュー、児童書の紹介など幅が広いですよね。旅のエピソードをつづった「後ろ歩きにすすむ旅」ではどちらに行かれたんですか?

 石井さん:ベトナムのホーチミンと、フィリピンのマニラへ行きました。同じ土地に通うのが好きで、短い間に何度も行きましたね。土地勘がほしい、みたいな思いがあります。私は英語が話せないんですけれど、フィリピンで1カ月過ごすと、さすがに多少慣れました。フィリピンはかなりみんな英語を話すので。その後ベトナムで前回と同じツアーガイドさんと会った時に、「英語がうまくなったね」と言われた時はうれしかったです(笑い)。

 ◇人と会ったあと印象に残るもの

 三浦さん:一方でこちらの、石井さんがあらゆる職業の方にインタビューをしている「選んだ理由。」も興味深い内容です。人と会う時、意識されていることはありますか。

 石井さん:特に意識している、ということはないのですが、やはり言葉に気を取られますね。だから、その方の雰囲気とか、声や表情なんかは、あまり見えていないのかもしれません。あとで同行者に「あの方はこういう感じだったね」と言われて、「そうだっけ」と驚くこともしばしばあります(笑い)。

 三浦さん:そうなんですね。私はどちらかというと、声のトーンやその人の雰囲気をよく覚えていることが多いんです。人それぞれ見方に差があって面白いですね。

 石井さん:三浦さんは五感で感じるものを、強く印象に残していらっしゃるんですね。

 ◇大きめのやかんで番茶を沸かして飲むのがマイブーム

 三浦さん:執筆をされる時のこだわりはありますか。

 石井さん:最近、大きめのやかんで番茶を沸かして飲むのがマイブームです。2、3分くらい熱湯で煮立たせて作るんですが、なにかの記事で、作家の永井路子さんがされていると読んだのですが、カッコいいと思ってマネをし出したんです。「仕事をしているぞ」という感覚になれます(笑い)。

 三浦さん:私も、自分が好きな女優さんが実践している健康法や美容法を試すことがあります。すてきな方がやっていることって、マネしたくなりますよね。

 石井さん:自分もあれをしてみたい、と妄想することは大切ですよね。

 ◇妄想することで行動力が高まる

 三浦さん:「こんなふうになりたい!」と具体的にイメージすることで行動しやすくなりますね……。

 残念ながら今回はここまで。

 石井さんに初めてお目にかかって感じたことは、人の痛みの分かる、とても温かい、人間らしい、女性らしい方なんだということです。ますます石井さんに興味が湧いてきました! 次回は石井さんに女性の生き方についてのお話などをお聞きしたいと思います。お楽しみに!

 皆さんからのご意見、ご感想、こんなことが知りたい! などのリクエストがあれば、ぜひメッセージなども下記のお問い合わせフォームからお送りくださいね。キレイになれるモノ・場所についてさまざまなアイデアをみなさんからぜひお待ちしています。

 心も体もキレイになって、毎日キラキラしましょう! できることは今からスタートですよ!

三浦理恵子の美容ライフ 最新記事

第109回 今年の目標、フランス語を習う! 

 明けまして、おめでとうございます。

第108回 健康で、毎日キレイでいるために…運動しましょう!

 皆さんは「運動しなきゃ……」と思うことはありますか?

第107回 糖質制限と朝食のすすめ

 本格的に寒い季節になってきましたね。そんなときは温かい飲み物で内側から温まりましょう。

第106回 スポーツする女性はすてき―インストラクターと話すボルダリングの魅力

 秋も深まって寒い日が多くなってきました。寒いとつい体に力が入ってしまいますが、そんなときこそ体を動かしてリラックスしてみてはいか...

第105回 ボルダリングで体も頭もリフレッシュ!

 この連載ではさまざまな体験をさせてもらっていますが、実は半年以上前からずーっとやりたいと思っていたものがあって、それがボルダリン...

アクセス上位記事

MAINICHI WEDDING 挙式・結婚のことならマイニチ・ウェディング