毎日キレイ

  1. HOME
  2. 本・シネマ
  3. 記事
本・シネマ

注目映画紹介:「ダゲレオタイプの女」黒沢清監督が海外初進出作で芸術家の独りよがりな愛を描く

「ダゲレオタイプの女」のワンシーン (C)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS - LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinema

「ダゲレオタイプの女」のワンシーン (C)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS - LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinema

 黒沢清監督の海外初進出作品となった「ダゲレオタイプの女」が15日から公開される。世界最古の撮影方法であるダゲレオタイプの写真家の屋敷で繰り広げられる“ホラー”なラブストーリー。主演に「預言者」(2009年)のタハール・ラヒムさんを据え、すべて外国人キャストで、全編フランス語で撮影した。

 ジャン(ラヒムさん)は、ダゲレオタイプで肖像写真を撮影するステファン(オリビエ・グルメさん)の屋敷で助手として働くことになった。屋敷には、長時間の露光時間の間、器具に固定され、苦痛に耐えながらモデルを務めるステファンの娘のマリー(コンスタンス・ルソーさん)がいた。マリーは、父親から離れて自分の夢をかなえたいと思っていた。マリーに引かれたジャンは、ステファンの異様な愛情から彼女を救おうとして……という展開。

 古めかしい屋敷に、古めかしい写真機。写真家のステファンは娘マリーの魂を等身大の銀板に閉じ込めて、永遠の愛を与えているつもりになっている。寒々しいこの屋敷では、死んだ妻の幻影がチラチラ見えている。芸術家の独りよがりの愛は、娘に異様な形で注がれ、娘の本当に生きたい道を阻んでいる。外界からやって来たジャンの存在が、マリーの助けになるのだろうか。そして、ステファンにどう作用していくのか。これが、明快な対抗軸になっておらず、なんとも幻想的な展開なのだ。

 一度踏み入れた屋敷の、またはダゲレオタイプの持つ魔力がそうさせるのか、ジャンもまた、ステファンのように生と死の境界のあいまいな世界に、いつの間にか入り込んでいく。見ているこちらを惑わせる、その入り方が素晴らしい。ハッと思わせる出来事のあと、ジャンとマリーの2人の幸せな時間が滑り出すと同時に、ステファンの愛が、孤独でもの悲しいものに映り出す。狂気の写真家にベルギーの名優グルメさんを配し、フランスの名優マチュー・アマルリックさんも登場。ソロリソロリと歩く日本的な間のとり方で、外国人キャストが芝居をするところが、なんとも不思議な感じがした。フランス映画と黒沢作品の融合が存分に楽しめる。15日からヒューマントラストシネマ有楽町(東京都千代田区)ほかで公開。(キョーコ/フリーライター)

 <プロフィル>

 キョーコ=出版社・新聞社勤務後、映画紹介や人物インタビューを中心にライターとして活動中。趣味は散歩と街猫をなでること。BSで放送中の「肝っ玉かあさん」を楽しんでいる。京塚昌子さんが可愛いです。

本・シネマ 最新記事

「帝一の國」菅田将暉はじめイケメン俳優たちが生徒会長の座を巡り壮絶バトル

 俳優の菅田将暉さん主演の映画「帝一の國(くに)」(永井聡監督)が29日公開される。「ジャンプSQ.(スクエア)」(集英社)で連載...

「無限の住人」キムタクがノースタントで挑む! 豪華キャストが斬る、舞う…アクション爆発

 昨年末解散したSMAPの木村拓哉さんが主演し、「十三人の刺客」(2010年)などの三池崇史監督が手がけた「無限の住人」が、29日...

「笑う招き猫」松井玲奈&清水富美加が笑いに全力投球! 夢追う姿に胸アツ

 元「SKE48」で女優の松井玲奈さんと宗教団体「幸福の科学」への出家を表明したことで話題となった清水富美加さんがダブル主演の映画...

「ワイルド・スピード ICE BREAK」ビン・ディーゼル主演 史上最大級のカーアクションに絶句

 映画「ワイルド・スピード ICE BREAK」(F・ゲイリー・グレイ監督)が28日、公開される。俳優のビン・ディーゼルさんが天才...

「sweet」初の専属モデル ガールズアワード2017出演へ

 女性ファッション誌「sweet(スウィート)」(宝島社)にとって初めての専属モデルとなる姫野佐和子さんが、5月3日に国立代々木競...

アクセス上位記事

美活体験記

MAINICHI WEDDING 挙式・結婚のことならマイニチ・ウェディング