毎日キレイ

  1. HOME
  2. 彼女がキレイな理由 モデル・女優
  3. 記事
彼女がキレイな理由,モデル・女優

中村アンさん モデル、MC、声優と多方面で活躍「どんどん欲が出てくる」

「ファインディング・ドリー」の日本語吹替版で声優を務めた中村アンさん

「ファインディング・ドリー」の日本語吹替版で声優を務めた中村アンさん

 モデルで女優の中村アンさんが、ディズニー/ピクサーの劇場版アニメーション「ファインディング・ドリー」(アンドリュー・スタントン監督)の日本語吹替版で声優を務めている。中村さんが声を担当したのは忘れんぼうのドリーの過去を知るジンベエザメのデスティニーで、あわてんぼうで視力が弱く泳ぐのが苦手なため、大きな体をあちこちぶつけてしまう女の子。中村さんにデスティニーの声の出し方やディズニー/ピクサー作品についての思い出、仕事や今後について聞いた。

 ◇弱みを強みに変えすごく勇気が出る作品

 「ファインディング・ドリー」は、「ファインディング・ニモ」(2003年)の続編。前作から1年後が舞台で、カクレクマノミの二モを捜しに、ニモの父親のマーリンとともに冒険の旅に出たナンヨウハギのドリーが今作では主人公となり、ふとしたきっかけで忘れんぼうのドリーは離れ離れになった家族を思い出し、今度はニモとマーリンの親子とともにドリーの家族捜しの旅に出る……というストーリー。

 中村さんはデスティニーのキャラクターについて「すごくあわてんぼうで、おっちょこちょいで明るくて、でもドリーを助けようとする優しいサメです」と紹介する。

 そして、「体も大きいですし、サメってすごく怖いのかなって思いますけど、いろんなところに頭をぶつけてばっかりいたりして、親近感があります。私も結構せっかちで、急いで何かをして、ドジしちゃったりとか、そういうところはすごく似ている気がします」と共感を示す。

 さらに、「目がちょっと悪くてうまく泳げなくて、それがコンプレックスだったりするんですけれど、デスティニーは出会う仲間によって(変わっていく)……例えば、隣のプールにいるベイリーというシロイルカとお互いのコンプレックスを補い合う感じなんですね。この映画は、そういった弱みを強みに変えることで成長できる、すごく勇気が出る作品です」と力を込める。

 ◇プールの中で体がぶつかる感じをイメージ

 デスティニーは体をぶつけるたびにジンベエザメらしい?奇声を発する。そんな人間らしからぬ声を出すために、中村さんは「自分も海の中に入ったつもりで、体がぶつかって出す声はすごく“なり切って”といいますか、プールの中で体がぶつかったのをイメージしながら声を出しましたね。叫ぶことも結構あって、その叫びはジェットコースターに乗ったときのようなテンションでやりました。一人だけで(ブースに入って)録音したんですけれど、はじめはちょっと恥ずかしい気持ちだったのが、だんだん慣れて、ワーッと全身で出し切ってできるようになりました」と収録のエピソードを明かす。

 デスティニーの特徴をとらえて、収録の際には「早口ですし、字幕版のデスティニーも起伏が激しい感じだったので、(アフレコ収録のスタッフには)そこまではならなくていいと言われたんですけれど、わりと喜怒哀楽をはっきりと出しました」と工夫した。

 ◇ディズニー/ピクサーで好きな作品は…

 中村さんはこれまでのディズニー/ピクサーの作品で、もちろん「ファインディング・ニモ」が好きで見ていたというが、そのほかでは「Mr.インクレディブル」(04年)も好きだという。「あの作品も家族の話じゃないですか。ディズニー/ピクサーの作品のDVDは家にだいたいありますので1回見て、時間がたって、また見たくなるというのがあって、『Mr.インクレディブル』や『モンスターズ・インク』(01年)などもちょっと大人になってから見ると子供の頃とは違った目線で楽しめたりして。吹替版ではいろんな方が声をやってらっしゃるので、それもちょっと興味深いのでよく見ていますね」と話す。

 中でも好きなキャラクターは「『モンスターズ・インク』の女の子ブー。扉が閉まって、開けたらいないときのすごく切ない感じがいつ見ても感動しますし、可愛いですね」と明かす。

 ◇パワフルな女性の映画が好き

 映画は「日常的に見ています。明日ゆっくりだなと思ったら、深夜2時くらいまでつい見続けてしまったり。洋画が多いんですけれど、最近は邦画も積極的に見るようにしています」といい、中でも「アン・ハサウェイが好きなので、彼女が出ている映画をひたすら見たり。レイチェル・マクアダムスも好きですね。パワフルな女性の映画が私は好きです」という。

 そんな中村さんに「ファインディング・ドリー」の見どころを聞くと、「ドリーの小さい頃のベビードリーが可愛くて、自分の小さい頃を思い出す感じもあって面白いなと思います」と話し、「世代を問わず、本当に楽しめますし、今回は海の中だけのお話じゃなくて、わりと人間の世界を舞台にしているシーンが多くて、水族館が出てきたり、前作とは結構違う部分があるので、そういったところも注目してほしいです。キャラクターが本当に可愛いので、癒やされてほしいなと思います」とメッセージを送った。

 ◇いただいた仕事は「全部やりたい!」

 中村さんは、モデルとして数々のファッション誌の表紙を飾る一方、バラエティー番組やドラマに出演するなど、多方面で活躍している。仕事に対しては「それぞれ違って難しいことも多いですけれど、それをクリアしていくと発見があったり、また難しいことに逃げ腰になってしまうこともありますが、それを乗り越えることで、また次につながったり、欲が出てきたりします」と前向きに語る。

 以前、「夢はキャスター」と話していたことがあったが、「その頃キャスターができたらいいなという気持ちがあって。そのあと、何度かMCをやらせていただいたりして、すごく難しいですけれどやりがいがありました。また、これだけはやりたいというよりは、こういう声優のお仕事とか、バラエティー番組だったり、モデルのお仕事……。欲張りですけれど、いただいたお仕事は全部やりたい!という感じです」と目を輝かせた。

 次回は、中村さんの休日の過ごし方や生き方、気になるファッションアイテムについて聞く。

 <プロフィル>

 1987年9月17日生まれ、東京都出身。「andGIRL」「BAILA」でレギュラーモデルを務めるなどファッション誌で活躍するほか、CMなどにも出演。現在、毎週木曜午後10時に放送のフジテレビ系ドラマ「営業部長 吉良奈津子」に今西朋美役で出演中。

彼女がキレイな理由 最新記事

有村架純さん この春気になるファッションアイテムは? 

 女優の有村架純さんが出演した映画「3月のライオン」(大友啓史監督)の2部作の前編が全国で公開中だ(後編は4月22日公開)。有村さ...

有村架純さん 「自分とは全然違う役柄もどんどんやっていきたい」

 女優の有村架純さんが出演した映画「3月のライオン」(大友啓史監督)2部作の前編が18日に公開される(後編は4月22日公開)。今作...

有村架純さん 野菜をたくさんとって「疲れない体に」

 女優の有村架純さんが出演した映画「3月のライオン」(大友啓史監督)が前編(18日公開)・後編(4月22日公開)の2部作で上映され...

忽那汐里さん ゴルフに挑戦!「はまるといいけれど」 映画「キセキ」でヒロイン

 女優の忽那汐里さんが出演している映画「キセキ-あの日のソビト-」(兼重淳監督)が全国で公開している。4人組ボーカルグループ「GR...

忽那汐里さん 素から生まれた演技で苦労ゼロ 映画「キセキ」でヒロイン

 女優の忽那汐里さんが出演している映画「キセキ-あの日のソビト-」(兼重淳監督)が全国で公開中だ。4人組ボーカルグループ「GRee...

アクセス上位記事

美活体験記

MAINICHI WEDDING 挙式・結婚のことならマイニチ・ウェディング