検索
展覧会「カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話」のオープニングイベントに来場した今田美桜さん
1 / 12

展覧会「カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話」のオープニングイベントに来場した今田美桜さん

今田美桜:深Vネックのタイトドレスで大人可愛く 美背中も披露 赤バッグがアクセントに

 俳優の今田美桜さんが6月10日、東京・上野の東京国立博物館 表慶館(東京都台東区)で行われた、展覧会「カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話」のオープニングイベントに来場した。淡いピンクのドレスに、同色のパンプスを合わせた大人可愛い装いだった。ドレスは深いVネックでタイトなシルエット。バックも大胆にV字にカットされたデザインで、美しい背中を披露した。

いま、推されてます

 ロックでパンクな印象の「クラッシュ ドゥ カルティエ」シリーズの454万円超のブレスレット、320万円超のネックレスなど、総額1100万円超のピンクゴールドジュエリーを着けていた。「シンプルでありながらも個性的なデザインで、少し強さもあってとても気に入っています」とコメントした。また、赤のクラッチバッグがコーディネートのアクセントになっていた。

 同展は、カルティエが日本に最初のブティックを開いてから50年を記念し、メゾンと日本を結ぶさまざまなストーリーを紹介する。左右対称の構造をなす表慶館を舞台に、カルティエと日本、カルティエ現代美術財団と日本のアーティストという二つの絆をひもとく。7月28日まで、東京国立博物館 表慶館で開催。

いま、推されてます

写真を見る全 12枚

ファッション 最新記事

アクセス上位記事