検索
三浦理恵子さん(右)と「ア・ラ・フランセーズ フランス語学校」のフレッド先生
1 / 6

三浦理恵子さん(右)と「ア・ラ・フランセーズ フランス語学校」のフレッド先生

三浦理恵子の美容ライフ:第111回 今年の目標に早速挑戦! 念願のフランス語レッスン

 この連載でも以前お話しさせてもらいました「フランス語を習う」という今年の目標に早速挑戦することにしました。今回は東京・恵比寿にある「ア・ラ・フランセーズ フランス語学校」でフレッド先生にレッスンをしてもらいました。

 ◇まずは日常会話から 書いたらすぐに消すのがポイント!

 今回のレッスンはフレッド先生とマンツーマン。こちらの教室ではマンツーマンはもちろん、友人と何人かでレッスンに来る人もいるのだとか。私は今回がフランス語初挑戦ということで「最初からたくさん覚えるのは大変なのでレッスンは1時間弱くらいにしましょう」と先生。まずは、自己紹介の仕方からスタートです。

 「最初はホワイトボードに書きますが、その後すぐに消すので、見ないで発音するようにしましょう。なので、最初は集中力が必要かもしれませんね」とフレッド先生。

 最初は「こんにちは、私は理恵子と言います」という言葉から。ここでまず一つ発見がありました。

 「Bonjour, Je m’appelle Lie(eにアキュート・アクセント)ko」

 先生はホワイトボードにこう書き、「ボンジュール、ジュマペール リエコ」と発音。続けて私が発音します。英語ではRiekoと書きますが、先生によると「フランス語で書くと『L』になります。英語では『R』ですが、これだとフランス語で『リエコ』という発音にならないんです」とのこと。

 なんだか新鮮な感じがしました。これに「あなたは?」という意味の「et vous?」(エ ヴ?)という語を続けることで、

  「Bonjour, je m’appelle Lie(eにアキュート・アクセント)ko. Et vous?」(ボンジュール、ジュマペール リエコ エヴ?)→こんにちは、私は理恵子です。あなたは?

 というあいさつが完成。この調子で、どんどん例文を練習していきます。

 「Je suis actrice.」(ジュ スィ アクトリス)→私は女優です。

 「Vous e(eにサーカムフレックス)tes un professeur.」(ヴ ゼット プロフェッサー)→あなたは講師です。

 「Est-ce que vous e(eにサーカムフレックス)tes japonaise?」(エスク ヴ ゼット  ジャポネーズ?)→あなたは日本人ですか?

 「Oui, je suis japonaise.」(ウィ ジュ スィ ジャポネーズ)→はい、私は日本人です。

 「Est-ce que vous e(eにサーカムフレックス)tes chinoise?」(エスク ヴ ゼット シノワーズ?)→あなたは中国人ですか?

 「Non,je ne suis pas chinoise.」(ノン ジュ ヌ スィ パ シノワーズ)→いいえ、私は中国人ではありません。

 「Est-ce que vous e(eにサーカムフレックス)tes journaliste?」(エスク ヴ ゼット ジョナリスト?)→あなたはジャーナリストですか?

 「Non,je ne suis pas journaliste」(ノン ジュ ヌ スィ パ ジョナリスト)→いいえ、私はジャーナリストではありません。

 こうした文章を先生がホワイトボードに書き、先生に続いて私が何度か発音すると、先生はすぐに消していきます。このすぐに消す、というのがポイント。「ボードに書いたままだと読んでしまうので、それだと覚えにくいんですね」と先生は言います。

 確かに、すぐ消されてしまうと、改めて聞かれたときになんとか思い出そうとするので、すごく頭を使うんです。先生は一つの例文が終わると「Tre(eにグレイブアクセント)s bien!(トレビアン=とても良いです)」と言って、すぐに次の例文へ。スピーディーなレッスンに思わず「楽しい! でも頭の中が筋肉痛になりそう(笑い)!」と笑ってしまいました。

 レッスンではこの例文を繰り返し復習します。例文の質問をされるのはもちろん、「私がフランス人か聞いてみてください」「私の職業はなんですか?」と逆のパターンも聞かれるので頭は常にフル回転。新鮮で楽しい体験ができました!

 ◇舌の使い方がポイント フランス語独特の発音

 続いて発音のレッスンへ。フランス語独特の、発音が難しい音を重点的に習っていきます。まずは「B」「V」。

「『V』は上の歯を下唇につけて、音を伸ばします」と先生。空気を震わすような『ヴー』という発音です。一方で「反対に『B』は唇を強く結んで発音します」とのこと。

 この二つの発音で気を付けなければいけないのが「Vin」と「Bain」という言葉。

 「Vin」(ヴァン)は「ワイン」という意味で、「Bain」(バン)は「お風呂」という意味。なので、しっかり言い分けないと混乱させてしまうんですね。日本人にとっては似ているように感じる音ですが、先生はこんなふうに言っていました。

 「間違えると『ワインお願いします』と言いたいのが『お風呂お願いします』になってしまいます。フランス人にとっては全く違う発音なので、こんな間違いをするとも思わないんです。なので、ちゃんと発音しないと『おかしな人だなあ』と思われてしまいますよ(笑い)」

 さらに、フランス語独特の発音の一つが「R」。この発音は舌を使った独特のもので、先生は「もし今日できなくても大丈夫です。発音には舌を使うんですが舌は筋肉です。練習が必要。練習すればするほど鍛えられて、発音もスムーズになりますから」と説明してくれました。

 フランス語の「R」は、アーという音を伸ばしながら舌を後ろに引く、というもの。ただ、英語のように舌を巻いて発音するのではなく、舌先を上げずに、舌を後ろから引いて、音をかすれさせるように発音するのだそう。

 実際に先生の音をまねて発音してみます。何度か繰り返すと「舌先はちょっと上がっているかもしれませんが、99%オーケーです!」と先生。ちょっとうれしくなってしまいました。

 新しい言葉を覚えるのはすごく楽しくて、勉強するという感じではなく、ゲーム感覚で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。次回は、フレッド先生との対談をお届けします。

 皆さんからのご意見、ご感想、こんなことが知りたい!などのリクエストなどがあれば、ぜひメッセージなども下記のお問い合わせフォームからお送りくださいね。キレイになれるモノ・場所についてさまざまなアイデアを皆さんからぜひお待ちしています。

 心も体もキレイになって、毎日キラキラしましょう! できることは今からスタートですよ!

写真を見る全 6枚
Twitterでシェア

キレイニュース 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事