検索
特別番組「僕たちは戦争を知らない~1945年を生きた子どもたち~」に出演する(上段左から)菊池風磨さん、中間淳太さん、(下段左から)阿部亮平さん、松村北斗さん=テレビ朝日提供
1 / 1

特別番組「僕たちは戦争を知らない~1945年を生きた子どもたち~」に出演する(上段左から)菊池風磨さん、中間淳太さん、(下段左から)阿部亮平さん、松村北斗さん=テレビ朝日提供

Sexy Zone菊池風磨:中間淳太、松村北斗、阿部亮平らと戦争体験を聞く旅へ 「戦争の悲惨さがひしひしと」

 人気グループ「Sexy Zone」の菊池風磨さんが、8月14日に放送される特別番組「僕たちは戦争を知らない~1945年を生きた子どもたち~」(テレビ朝日系)に出演する。子供時代に戦争を体験した5人の証言者の声を聞くため、全国各地を訪ねるドキュメンタリー。番組には菊池さんのほか、同じくジャニーズ事務所に所属する「ジャニーズWEST」の中間淳太さん、「SixTONES(ストーンズ)」の松村北斗さん、「Snow Man」の阿部亮平さんらが出演する。14日午後1時55分から放送(一部地域を除く)。

 ジャニーズ事務所・前社長の故・ジャニー喜多川さんも戦争を体験した。“二度と悲惨な出来事を起こしてはならない”という信念を持ち、自らが演出するステージで戦争の場面を多く表現してきた。こうした舞台を経験してきたアイドルたちが今回、子供時代に戦争を体験した人々から話を聞くための旅に出る。

 菊池さんは、東京都内に住む鈴木忠典さん(93)を訪ねる。忠典さんは海軍の活躍を伝える映画に憧れ、14歳で“海軍特別年少兵”に志願。主に激戦地・ソロモン諸島付近で、魚雷艇という20メートルにも満たない小型船で敵の軍艦に近づき魚雷を放つ、危険な任務についていた。戦場では、相手を攻撃することしか考えられなくなり、同船する仲間が負傷しても、優しい言葉をかけられなかったと述懐する。菊池さんは「人の心を亡くしてしまう戦争の悲惨さが、鈴木忠典さんのお話からひしひしと伝わってきました」と語る。

 菊池さんはもう一人、埼玉県に住む鈴木賀子(よりこ)さん(84)からも戦争体験を聞く。1945年3月10日の東京大空襲。7歳だった賀子さんは母を亡くし、4歳の弟とともに生き延びた。頼った親戚からたらい回しにされた2人がたどり着いたのが、上野駅の地下道。食べ物もなく、誰も助けてくれない状況の中、幼い2人はどのように過酷な地下道を生き抜いたのか。話を聞いた菊池さんは、賀子さんの、弟への深い愛情に胸を打たれたという。

 中間さんは、沖縄県の武村豊(とよ)さん(93)の元へ。16歳の時に野戦病院で、手足がもがれたような負傷兵を手当した豊さん。母と姉、そして女学校の仲間たちが犠牲となり、生き残った豊さんは今も心の中で詫び続けていると打ち明ける。中間さんはロケを振り返り「今後の人生において重要な時間となりました」と語る。

 松村さんは長崎県の池田松義さん(84)のもとを訪問。爆心地から700メートルほどの地点で被爆した当時7歳の池田さんは奇跡的に助かったが、全身血だらけで戻ってきた父は死亡。母も2週間後に突然、亡くなった。母親を火葬するとき、泣くことができなかったという池田さん。家族全員を失ってこれからどう生きていくのか、悲しみよりも不安でいっぱいだったからだという。松村さんは「取材中に言葉にし切れなかった瞬間、その感情がすごくリアルで大切」とその声を伝えることの意義を実感した様子だった。

 阿部さんは、ジャニーさんも疎開していた和歌山へ。9歳で空襲の恐ろしさを体験した田中誠三さん(86)を訪ねる。7月9日の和歌山大空襲では、市街地一帯を円で囲むように焼夷弾が落下。避難場所となっていた旧県庁跡地の空き地ではすさまじい火災旋風が起き、逃げ場を失った700人以上の人が折り重なるように焼死した。実はその2年ほど前から、米軍はどうすれば効率よく被害を与えられるか、投下実験を繰り返していた。ジャニーさんが自身の戦争体験を投影して作り上げた舞台「少年たち」シリーズにも出演した阿部さんは、「どこか田中さんにジャニーさんを重ねてお話を聞いていたところもあったかもしれません」と語り、田中さんの壮絶な体験談に言葉を失う。

写真を見る全 1枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら