毎日キレイ

  1. HOME
  2. 三浦理恵子の美容ライフ
  3. 記事
三浦理恵子の美容ライフ

第107回 糖質制限と朝食のすすめ

三浦理恵子さんが糖質制限のために生み出したメニュー「サラダチキンと野菜ソテー&きのこスープ」

三浦理恵子さんが糖質制限のために生み出したメニュー「サラダチキンと野菜ソテー&きのこスープ」

 本格的に寒い季節になってきましたね。そんなときは温かい飲み物で内側から温まりましょう。

 私は朝食をとる時間がないときは、カモミールにターメリックや生姜(しょうが)を入れたお茶を飲んでいます。これで冷えた体がポカポカになって、内臓も動き出します。このホットティーは糖質制限にも役立っていて、眠る前の空腹のときにもオススメですよ。

 今回は、糖質制限のお話です。

 ◇デニムが一本もはいらない!

 そもそも糖質制限をしようと思った発端は、自分がベストだと思っていた体重よりも5キロ近く太ったことです。体形のバロメーターにしていたデニムも見事にはけなくなっていました。ホットヨガ教室で見た脂肪の塊の模型を見て、あれが自分の体についたなんて、本当にショックでした。年齢的にも痩せにくくなっていて、1年前や2年前と同じことをしていては改善できないんだ……と、実感しました。

 現実と向き合っていかないと、好きな洋服も着られないし、皆さんに見ていただく仕事をしているのに、プライドも自信もなくなる。 これは早急にどうにかしないと!と思い、まずは糖質制限を始めました。

 糖質制限とは、その名の通り、炭水化物と糖質が多く含まれる食品を制限することです。

 ジャガイモやカボチャ、ニンジン、ダイコンなどの根菜類にも糖質が多く含まれます。野菜なのにびっくりですよね。

 大豆系、納豆や豆腐も糖質が高めなので、最初の1週間は我慢して、徹底的に糖質制限することにしました。

 食べられるものは、鶏肉や牛、豚の赤身肉などのたんぱく質と、魚介類、葉野菜などです。

 卵も黄身には糖質が含まれるので、良質なたんぱく質である、白身だけを野菜スープに溶いて使います。

 ◇役に立ったのはサラダチキン

 そこでとっても役に立ったのが、コンビニで売っているサラダチキンです。おいしいし、ハーブ風味やカレーなどさまざまな味があって、コンビニによっても種類が違うので、いろいろ試してみました。

 ◇リアレンジすればステキな一品にもなります

 トマトソースで作るサラダチキンの煮込みはオススメです。実はトマトにも糖質が含まれているので、ソースを作るときにはトマトジュースを使うのがいいそうです。

 作り方は簡単です。ニンニクと生姜をオリーブオイルで炒めて香りを出し、たまねぎを入れてまた炒め、トマトジュースを入れてコトコト煮ます。そこに一口大にカットしたサラダチキンを投入し、スープとよく絡めて出来上がり! とってもおいしいですよ。

 ◇仕事場にもスープ持参!

 サラダチキンをひき肉状にして豆腐と卵白を合わせ、ヘルシーなハンバーグにして食べたりもしました。これは「筋肉食堂」でいただいたメニューで、おいしかったのでマネして自分でも作ってみました。

 「筋肉食堂」って知っていましたか? トレーニングやダイエットで体作りをする人たちのために、高たんぱくで低カロリーな料理を出してくれるお店で、他にも参考になるメニューがたくさんあるんです。

 普通の胸肉を使うより、サラダチキンは下味がついているから調理が簡単ですよね。私たちが仕事の現場でよくいただく“ロケ弁”は脂ものが多いので、そんなときにもコンビニでサラダチキンを買ってサラダといっしょに食べていました。

 糖質制限を始めて2週目からは、しだいに制限を緩やかにして、朝はスープの中に玄米を加えてお雑炊風にしたり、その上にとろけるチーズを乗せたり、スープにもジャガイモや冷蔵庫にある野菜を何でも入れて、それを主食にしていました。鶏ガラスープでシンプルな味にして多めに作っておき、味を変えて楽しむこともできます。

 カレー粉を入れてみたり、豆乳でシチュー風にすれば、毎日でも飽きませんよね。大きめのタンブラーに入れて、仕事場にも持っていきました。

 ◇1日の始まりは朝食かハーブティー

 そこで痛感したのが、朝食をきちんと食べることが重要ということです。

 朝、おなかの中に食べ物を入れてあげることで便秘の解消になったり、内臓が早く動き出すようになるんです。これを食べたらトイレに行く、という習慣づけができるし、朝なら炭水化物や、果物をとっても、寝るまでの間にカロリーを消費できますし、何より体が早く目覚めますよね。

 果物なら、キウイは消化吸収を早めてくれて、ビタミンCも豊富なので、食後に食べるようにしています。

 朝ご飯を食べる時間がなかったり、スープも作れなかったときは、最初に紹介したハーブティーを飲んでいます。カモミールのパックに、ターメリックと、生姜をすり下ろしたものと、輪切りにしたレモン、はちみつ、最後にコショウを少し入れて熱湯で混ぜて飲むと、生姜との相乗効果で体がポカポカになります。甘くて、ちょっとスパイシーでおいしいですよ。寒くなってからはよく飲んでいますが、足先の冷えもなくなったし、血行がよくなるので、化粧の乗りもいい感じです。ちょっと味の想像がつかないかもしれませんが、バランスを調整して自分好みの分量を見つけてくださいね。

 ◇自分に満足感を持つことが必要

 私はお米などの炭水化物が大好きなので、この生活をずっとは続けられないと思っています。ムリはよくないですし、炭水化物にも体に必要な栄養素が含まれています。なので、たまに期間限定でやることで、体をリセットさせて痩せ体質を作りたいと思っています。

 最初は、糖質を抜いたせいか頭がボーッとしていましたが、しだいに慣れてきて、体も軽くなり、朝の寝起きが爽やかになって、体調もよくなりました。

 今まではホントに好き勝手に食べて、お酒も飲んで、というスタイルだったのですが、お酒と炭水化物って“最強タッグ”なんですよね(笑い)。そんな生活からは卒業して、今の年齢に合った方法をあきらめずに探していきたいと思います。

 体重のことが気になって、気持ち的にも自信がなくなったり、自分のことが好きになれないと、精神的にもよくないので、「私はちゃんとやってるから大丈夫」という満足感を持つことが、心に必要なことだと思いました。

 ◇早く気付いて早く改善!

 どの状態でいるのが自分のベストなのか、ただ痩せればいいわけではないし、自身の現状をよく観察しましょう。

 早く気付けば早く改善できる。見て見ぬふりで、体重計が壊れたので放っておく……ではダメですよね(笑い)。

 今はベストの体重に戻りつつあるので、これからは朝にお米を食べたら夜だけ抜こうとか、夜はお酒を飲むから炭水化物はやめようとか、そんな感じで緩やかに続けていこうと思っています。

 年末、おいしいものをいただく機会が増える時期だからこそ、体をリセットして爽やかな新年を迎えましょう。

 皆さんからのご意見、ご感想、こんなことが知りたい!などのリクエストなどがあれば、ぜひメッセージなども下記のお問い合わせフォームからお送りくださいね。キレイになれるモノ・場所についてさまざまなアイデアを皆さんからぜひお待ちしています。

 心も体もキレイになって、毎日キラキラしましょう! できることは今からスタートですよ!

三浦理恵子の美容ライフ 最新記事

注目動画

アクセス上位記事

MAINICHI WEDDING 挙式・結婚のことならマイニチ・ウェディング