検索
(C)2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会
1 / 6

注目映画紹介:「繕い裁つ人」 中谷美紀主演 ミシンの音が鳴り響く中で描かれる人間ドラマ

Twitterでシェア

 池辺葵さんの人気マンガが原作で、女優の中谷美紀さんが主演を務める映画「繕い裁つ人」(三島有紀子監督)が31日から全国で公開される。中谷さん演じる洋裁店の2代目主人と彼女を取り巻く人々が“服”を軸につながっていく作品で、登場人物たちの秘められた思いや情熱などが静かなトーンの中に包まれて進行する。恋愛要素もあるものの最近流行の“壁ドン”などに代表される少女マンガ原作ならではの“胸キュン”成分は少なめで、落ち着いた雰囲気で淡々と交錯する感情や人間模様が描かれている。

 「南洋裁店」の2代目店主・南市江(中谷さん)は神戸のデパートに勤める藤井(三浦貴大さん)からブランド化の話を持ちかけられるが、“がんこじじい”とまでいわれる市江は先代の服の仕立直しや先代のデザインを流用した新作のみに没頭しており、一向に興味を示そうとしない。だが、「南洋裁店」に通いつめた藤井は市江の秘めた思いに気づいており、やがて藤井の言葉に市江の心は揺れ動き……というストーリー。中谷さん、三浦さんのほかに片桐はいりさん、黒木華さん、杉咲花さん、伊武雅刀さんらも出演している。

 映画の中で際立っているのは音だ。始まりからラストまで一貫して静かなトーンで進行するが、それが逆に、市江が踏み続け断続的に鳴り響くミシンの音を何かのメタファーのように通奏低音として響かせている。あるいはその狂いなく一定のリズムで続く音は、口数は少なく物静かだが芯が強い市江の感情を表しているのかもしれない。もっとも、市江に限らず、淡々とした空気で進む作品の中には冗舌なキャラクターは出てこない。映画全体を通して説明は最小限に省かれており、中谷さんをはじめ出演者の細かい表情や仕草などが雄弁に登場人物たちの感情を物語っており、物足りなさは感じない仕上がりになっている。女性誌で連載していたマンガとはいえ昨今話題の“胸キュン”成分は薄めで、恋愛要素も「恋愛未満」という程度に抑えられているが、落ち着いた感情のやり取りが微笑ましく鑑賞でき好感が持てた。映画は31日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほか全国で公開。(河鰭悠太郎/毎日新聞デジタル)

最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る