検索
映画「無伴奏」の初日舞台あいさつに登場した(左から)遠藤新菜さん、斎藤工さん、成海璃子さん、池松壮亮さん、中野ミホさん
1 / 1

映画「無伴奏」の初日舞台あいさつに登場した(左から)遠藤新菜さん、斎藤工さん、成海璃子さん、池松壮亮さん、中野ミホさん

遠藤新菜:超ミニワンピース姿ですらり美脚 池松壮亮も思わず「本当に短い…」

 女優の遠藤新菜さんが26日、東京都内で行われた映画「無伴奏」(矢崎仁司監督)の初日舞台あいさつに、主人公を演じた成海璃子さん、池松壮亮さん、斎藤工さんと登場。劇中でも着ているという、膝上20センチ超の水色のミニワンピース姿で美脚を披露しており、池松さんが思わず「本当に短いですよね……」とつぶやくと、遠藤さんは「すみません、気になりますよね?」としきりに照れていた。

 遠藤さんは、劇中で、恋人役の斎藤さんと濃厚なラブシーンを演じ、初めてヌードも披露した。斎藤さんについて「ああいうシーンに関してはプロだと思う。いろんな意味で」と絶賛すると、斎藤さんも「そうですね。プロフィルにも書いてある。(ラブシーンを演じる)2級を持っています」とジョークを飛ばし、会場を沸かせた。また斎藤さんに演技で助けられたといい、「すごくすてきでした。リードしてくださったので、包容力もあるし、ミステリアスさも持ち合わせていて、ずっと(役柄の)エマでいさせてくれた」と感謝していた。舞台あいさつには遠藤さんらのほか、矢崎監督、主題歌を担当した女性ロックバンド「Drop's」の中野ミホさんも登場し、主題歌「どこかへ」を弾き語りバージョンで生披露した。

 映画は、小池真理子さんの半自叙伝的小説が原作。1970年前後の仙台を舞台に、クラシック音楽の流れる喫茶店「無伴奏」で出会った男女4人の激しい恋と青春を描くラブストーリー。主人公の野間響子役を成海さん、響子が恋焦がれる堂本渉役を池松さんが演じ、斎藤さんは渉の友人の関祐之介役、遠藤さんは祐之介の恋人、エマ役を演じた。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る