毎日キレイ

  1. HOME
  2. イケメン モデル・女優
  3. 記事
イケメン,モデル・女優

吉沢亮×北乃きい:ドラマ版「銀魂-ミツバ編-」 北乃の包容力に「引っ張ってもらった」

dTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ編-」に出演する北乃きいさん(左)と吉沢亮さん

dTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ編-」に出演する北乃きいさん(左)と吉沢亮さん

 マンガ原作の大型作品が目白押しの今年の邦画界の中でも、ひと際高い注目を浴びているのが、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されている空知英秋さんの人気マンガを豪華キャストで実写化した「銀魂」(福田雄一監督)。映画公開の翌日の15日から、映像配信サービス「dTV」で、オリジナルドラマ「銀魂-ミツバ編-」の配信がスタートする。原作ファンの間でも「最も泣ける」と人気のエピソードが原作で、男たちの友情、切ない恋模様が展開する。真選組の沖田総悟を演じた吉沢亮さんとその姉のミツバを演じた北乃きいさんに話を聞いた。

 累計5100万部を超える人気マンガの実写化。その中でも特に人気の高いエピソードを描くとあって、吉沢さんは「プレッシャーはありましたね」と本音を吐露する。「単に人気があるというだけでなく、ファンの方の熱狂度もすごい。マンガ原作の作品はこれまでにもやってきましたが、ここまで原作を意識して、芝居をしたのも初めてでした」と明かす。一方で「現場に入って共演の皆さんを見ていて『原作のまんまだ!』と感じる瞬間が何度もあって、そこは安心もしたし、自信も湧いてきました」と力強く語る。

 北乃さんは、今作のヒロイン・ミツバ役のオファーについて、「迷わず『出たい!』と思った」という。そう思えた最大の理由が、福田監督の存在だった。映画「コドモ警察」に続いての2度目の福田組だが、「個人的に絶対にもう一度、ご一緒したいと思っていました。『銀魂』と福田さんのコラボが面白くないわけがない! 委ねて大丈夫という安心感がありましたし、演じたことのないようなタイプの役にワクワクしました」と当時を振り返る。吉沢さんも「原作を読んで『ああ、このテンションの作品を実写化するなら福田さんしかいないな』と思った」と、ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズや「スーパーサラリーマン左江内氏」などヒット作を連発し、日本で最も多忙なコメディーメーカーとなった福田監督に全幅の信頼を寄せる。

 吉沢さんと北乃さんは今回が初共演。第1話冒頭の、結婚報告のために上京したミツバが沖田と会い、そこに映画本編の主人公である銀時(小栗旬さん)も加わり……という喫茶店のシーンの撮影直前に「はじめまして」とあいさつを交わしたという。吉沢さんが「僕にとっては(北乃さんは)中学生のころから見ていた人。『女優さんがいる!』という感じで、最初はガチガチでした」と語ると、北乃さんは「実際は3歳しか違わないんですけどね(笑い)」とツッコミが入る。吉沢さんにとって、この冒頭の喫茶店は忘れられないシーンになったという。「北乃さんがゴホゴホとせき込むコメディのシーンがあるんですけど、それまでの柔らかい雰囲気が一変して、すごく振り切っていて『すげー!』って驚いたし、横で笑いをこらえるのが大変でした(笑い)」と明かす。

 ちなみに吉沢さんは、実生活では男4人兄弟の次男とあって、姉に思い切り甘える弟役はかなり新鮮な体験になった。「普段、男兄弟だとあんまり話をしないし冷めてるんですよ。だから台本を読んで、この2人には姉弟というよりも恋愛に近いような印象を受けました。特に北乃さんを目の前にすると包容力があって、自然と引っ張っていただきました」と“姉”への愛を語る。

 北乃さんは吉沢さんの印象について「今をときめく俳優さんで、キラキラ輝いてました。すごく真面目でしっかりされてるし、この年齢によくあるような変にカッコつけたところが全然ないんです。ナチュラルにカッコいい役をすんなり演じていました。引っ張ってもらったのは私です」と語る。

 北乃さん自身、年の近い弟がいるが、「私、役の上では妹をやることが多いんですよ。以前、波瑠ちゃんと共演(2010年の映画『武士道シックスティーン』)した時も、私の方が1学年上なのに、波瑠ちゃんがお姉ちゃん役だったり。だから、今回、こういう弟を溺愛する姉役ってどうなんだろうって思ってたんです」と当初は不安を感じていたという。だが、撮影が始まるとすぐにそれが杞憂であったと気づいた。「本当に愛らしいんですよ。ワンちゃんみたいな感じ。普段はドSな総悟が、ミツバの前ではそれは見せないでキャンキャン来る感じに、こっちも『よしよしよし!』って(笑)。可愛かったです!」と顔をほころばせる。

 コメディーとしてしっかりと笑わせる一方、男たちの絆、そして大切な人を思うがゆえの決断が涙を誘う。特にミツバと彼女が以前から恋心を抱いていた真選組の“鬼の副長”土方十四郎(柳楽優弥さん)とのやりとりは屈指の名シーンだ。「銀魂は、敵も女性キャラもみんな男前!」と吉沢さん。「男の不器用さ、言葉で表現できないところは僕も共感するし、相手に伝わろうが伝わるまいが、信念を曲げないところが本当にカッコいい」と目を輝かせる。

 北乃さんは「土方さんとのシーンで、ずっとクールな中、そっと優しさを見せてくれるところは『おおっ』と心が揺れました」と話す。「あのシーンだけは、福田監督からも『真剣にやってくれていいから!』という聞いたことのない指示をいただき(笑い)、別のドラマを撮っているかのようでした」と明かした。dTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」は15日から配信スタート。

 <吉沢亮さんのプロフィル>

 よしざわ・りょう 1994年2月1日生まれ、東京都出身。2009年に行われた「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」をきっかけに芸能界入り。2011年に「仮面ライダーフォーゼ」に出演し、注目を浴びる。2013年、ドラマ「ぶっせん」に主演し、舞台版でも主演を務める。2017年は出演作「銀魂」に加え、「LAST COP THE MOVIE」「トモダチゲーム」「斉木楠雄のΨ難」が公開され、2018年には「リバーズエッジ」の公開も控える。

 <北乃きいさんのプロフィル>

 きたの・きい 1991年3月15日生まれ、神奈川県出身。2005年からファッション誌「Hana*chu→」でモデルを務め、同年に「ミスマガジン2005」でグランプリを史上最年少(14歳)で獲得。2007年、「幸福な食卓」で映画初主演。その後も「ラブファイト」、「ハルフウェイ」などに主演。2010年にはシングル「サクラサク」でCDデビューも果たす。2014年9月から2年にわたり、情報番組「ZIP!」の総合司会を担当するなど、幅広いジャンルで活躍している。

イケメン 最新記事

上白石萌音:「陸王」で役所広司の娘役 和田正人、佐野岳も出演

 女優の上白石萌音さんが、TBSの「日曜劇場」枠で10月から放送される役所広司さん主演の連続ドラマ「陸王」に出演することが26日、...

西島秀俊:天才料理人役でチャーハンの猛練習もムダに…

 俳優の西島秀俊さんが25日、東京都内で開かれた映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」(滝田洋二郎監督)の完成報告会見に登場した...

二宮和也:綾野剛と仲良しトーク 監督も「兄弟を超えた関係」と太鼓判

 人気グループ「嵐」の二宮和也さんと俳優の綾野剛さんが25日、東京都内で開かれた映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」(滝田洋二...

松坂桃李:2度目の朝ドラ出演で“変化” 芸事特訓の苦労も

 俳優の松坂桃李さんが、10月2日にスタートする女優の葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「わろてんか」(NHK総合)...

元SMAP:香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎がSNS開始へ 72時間特番は11.2午後9時スタート

 ジャニーズ事務所を退所した元「SMAP」の香取慎吾さん、草なぎ剛さん、稲垣吾郎さんが11月2日からツイッターなどSNSを開始する...

注目動画

アクセス上位記事