検索
「連載40周年記念ガラスの仮面展」のオープニングイベントに登場した井本彩花さん
1 / 36

「連載40周年記念ガラスの仮面展」のオープニングイベントに登場した井本彩花さん

井本彩花:今年の国民的美少女グランプリ イベントデビューで「すごい緊張」

 今年の「全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞した井本彩花さんが23日、松屋銀座(東京都中央区)で開かれた「連載40周年記念 ガラスの仮面展」のオープニングイベントに登場した。この日がイベントデビューとなる井本さんは「緊張しているのですが、頑張りたいと思います」と初々しさを見せた。

 イベントには、事務所の先輩でもある吉本実憂さん、「ガラスの仮面」の作者・美内すずえさんも登場。緊張したという言葉通り井本さんは時々言葉に詰まることもあったが、無事にデビューイベントをこなした。終了後には「すごく緊張して何を言ったらいいかわからなかった」と告白。それでも報道陣から「北島マヤのように驚いた顔の演技をして」と頼まれると、吉本さんと共に驚いた表情を作るなど奮闘していた。

 「ガラスの仮面」は、1975年に「花とゆめ」(白泉社)で連載がスタートし、現在は「別冊花とゆめ」(同)で連載中のマンガ。伝説の舞台作品「紅天女」を演じるために、北島マヤが演技の道を極めようとする姿が描かれている。コミックスの累計発行部数は5000万部以上を誇る。

 「ガラスの仮面展」は貴重なモノクロ原稿やカラー原画を中心に、掲載誌や書籍、舞台の資料など400点以上を展示する。原画展オリジナルグッズを販売するほか、カフェ「喫茶月影」も楽しめる。9月4日まで、午前10時~午後8時(最終日は午後5時まで)。入場料は一般1000円、高校生700円、中学生500円、小学生300円。

写真を見る全 36枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事