検索
映画「散歩する侵略者」の初日舞台あいさつに出席した長澤まさみさん
1 / 23

長澤まさみ:「あ、はい」と“虚無的な顔” 黒沢清監督「うれしいやら困ったらやら」

Twitterでシェア

 女優の長澤まさみさんが9日、東京都内で行われた映画「散歩する侵略者」(黒沢清監督)の初日舞台あいさつに出席。主人公の加瀬鳴海を演じた長澤さんは「(劇中で)ずっと怒っていましたね」と自身の役について振り返り、「怒るという感情の中に鳴海の全てが注ぎ込まれていたので。愛情だったり、優しさだったり、悔しさだったり。いろんな感情が怒りというものに全て集約されていたので、人間らしい役を、人間らしい“人”を演じられてとても勉強になった」と語った。

 この日は、松田龍平さん、長谷川博己さん、高杉真宙さん、恒松祐里さん、黒沢監督も出席。長澤さんの印象について、黒沢監督が「『こんなふうにお願いします』と言うと、普通(の俳優)は『はい』とか『嫌だ』とかそういう反応が返ってくるんですが、長澤さんは『あ、はい』と。一回『あ』と(入って)ちょっと虚無的な顔をする。これがうれしいやら困ったらやら。でも必ずやってくれる、頼もしい女優でした」と語ると、長澤さんは苦笑し、「多分『あ』と『はい』の間に考えてるんです。できるかなと」と明かしていた。

 「散歩する侵略者」は、劇作家の前川知大さんが主宰する劇団「イキウメ」の人気舞台を映画化した作品。主人公の鳴海の夫・真治(松田さん)が数日間の行方不明の末に、別人のように優しくなって帰ってくる。毎日ぶらぶらと散歩をするばかりの真治に、鳴海が何をしているのか問い詰めると「地球を侵略しに来た」と告白する……というストーリー。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る