検索
映画「おみおくり」初日舞台あいさつに登場した高島礼子さん
1 / 7

高島礼子:大人のホワイトコーデ シルバー小物でアクセント

Twitterでシェア

 女優の高島礼子さんが24日、東京都内で主演映画「おみおくり」(伊藤秀裕監督)の初日舞台あいさつに、共演の文音さん、伊藤監督と登場した。女性納棺師を演じた高島さんは、白のジャケットとトップス、白のワイドパンツというホワイトでそろえたコーディネートを披露。首元には大振りのチェーンとシルバーカラーのパールのネックレス、足元にはシルバーのパンプスを合わせていた。

 一方、弟子役の文音さんは、高島さんとは対照的なブラックコーディネート。胸元に赤のドット柄が付いた黒のミニ丈ワンピース、リボンを巻き付けたような華奢な黒サンダルと合わせて、美脚を強調していた。

 映画は、女性納棺師の永井結子さんの著書「今日のご遺体 女納棺師という仕事」(祥伝社)が原案。高島さん演じる女性納棺師・満島弥生が、人の死に触れる仕事を通して自らの心の傷を癒やし、生きる希望を見いだしていくというヒューマン作。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る