検索
映画「オー・ルーシー!」の完成披露試写会に登場した(左から)忽那汐里さん、寺島しのぶさん、南果歩さん、平栁敦子監督
1 / 10

映画「オー・ルーシー!」の完成披露試写会に登場した(左から)忽那汐里さん、寺島しのぶさん、南果歩さん、平栁敦子監督

寺島しのぶ:姉役・南果歩と壮絶な“姉妹ゲンカ” 「同性はえげつない」

 女優の寺島しのぶさんが26日、東京都内で行われた主演映画「オー・ルーシー!」(平栁敦子監督、4月28日公開)の完成披露試写会に登場。劇中で姉役の南果歩さんと姉妹ゲンカのシーンがあるといい、「私は弟しかいないんですが、姉に支配されるのはこういうことか、と感じましたね」と撮影を振り返り、「嫌なもんだなって。同性だとえげつないですよね」と苦笑した。

 「実生活では姉が4人いる」という南さんは「しのぶちゃんの言うことが分かる!」とうなずき、「特に女の子同士の食べ物の恨みはすごかった。小さい頃の夢は『スイカを丸ごと食べてみたい』だった」と明かした。劇中のシーンについては「しのぶちゃんと初めて映画でご一緒しましたが、普段はこうやって普通にしゃべって笑ったり、食べたりですが、本番に入ると、しのぶちゃんも私もスイッチが入りました。お楽しみに!」と、壮絶だという姉妹ゲンカシーンの期待を盛り上げていた。

 「オー・ルーシー!」は、第67回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門(学生部門)で上映された平栁監督による桃井かおりさん主演の同名短編映画を、寺島さんを主演に、平栁監督自身が長編作品として再映画化した。

 43歳で独身の会社員・節子(寺島さん)は、姪(めい)の美花(忽那汐里さん)に代わって通うことになった英会話教室で、金髪のカツラをかぶり「ルーシー」というキャラになりきる。イケメン米国人講師ジョン(ジョシュ・ハートネットさん)によるユニークな授業で、節子はジョンに恋をするが、ジョンは美花とともに、日本を去ってしまう。ジョンを忘れられない節子は、後を追って姉の綾子(南果歩さん)とともにカリフォルニアへと向かい……というストーリー。役所広司さんも出演している。

 イベントには、忽那さん、平栁監督も出席した。

写真を見る全 10 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る