検索
「ミス・ミスターサークルコンテスト2017-2018」でミスグランプリに輝いた早稲田大学人間科学部3年の荒木沙織さん(右)とミスターグランプリに選ばれた草地稜之さん
1 / 105

「ミス・ミスターサークルコンテスト2017-2018」でミスグランプリに輝いた早稲田大学人間科学部3年の荒木沙織さん(右)とミスターグランプリに選ばれた草地稜之さん

ミス・サークルコンテスト:グランプリの荒木沙織さんは女子アナ志望 CAにも興味

 日本一の大学サークルの美人・美男を決める「ミス・ミスターサークルコンテスト2017-2018」が30日、東京都内で行われ、早稲田大学人間科学部3年の荒木沙織さんがミスグランプリに輝いた。荒木さんは、イベント後の会見で「アナウンサーかCAを目指しています」と話し、「理想のアナウンサーさんは特にいません。物心ついたときからアナウンサーになりたいと思っていました。バラエティー番組などに出たいです」と目を輝かせていた。理想の女性は女優の篠原涼子さんで、「CAは小さい頃にドラマ『アテンションプリーズ』の上戸彩さんを見て、憧れています」とほほ笑んだ。

 荒木さんは1995年8月13日生まれ、神奈川県出身。趣味は旅行、読書。特技は体が柔らかいこと。同大学でテニスサークル「レボリューション」に所属している。同コンテストでは「グランプリを絶対にとるという気持ちでここまできました」と振り返り、「恵まれた環境の中で活動できてうれしい。ありがとうございました」と満面の笑みを見せた。

 同コンテストは2010年にスタートし、フジテレビの宮司愛海アナウンサーらを輩出。大学や短大などに在籍し、学生中心で形成されたサークル、部活、同好会、ゼミ、研究会などに所属していることが応募条件で、今回は全国からエントリーした約400人の中から、ファイナリストとして20人が最終選考に臨んだ。

 準グランプリには、青山学院大学経済学部現代経済デザイン学科の田中みなみさん、文教大学国際学部国際理解学科の白井佑奈さんが選ばれ、審査員特別賞は慶應義塾大学法学部法律学科の野崎優花さん、関西学院大学総合政策学部の杉山冬香さん、聖心女子大学文学部心理学科の青柳真有さんの3人が受賞した。

 また、今年から「ミスター」部門が初開催された。ファイナリスト15人の中から、明治学院大学経済学部経済学科でバレーボールサークル「チェリーズ」に所属しているという草地稜之さんがミスターグランプリを受賞した。草地さんは1998年6月17日生まれ、東京都出身。趣味は映画鑑賞、バスケ、バレー。特技はものまね。イベント後の会見で、草地さんは「(コンテストの活動を通して)モデルや俳優への道を考えられるようになりました」と話し、好きな俳優を聞かれると「山下智久さん」と語っていた。

写真を見る全 105枚
Twitterでシェア

キレイニュース 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事