検索
連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」第1話のシーンカット=関西テレビ提供
1 / 5

注目ドラマ紹介:「シグナル 長期未解決事件捜査班」 坂口健太郎が“過去の謎”追う刑事に

Twitterでシェア

 俳優の坂口健太郎さんが主演を務める連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)が10日スタートする。ドラマは韓国で数々の賞を受けたヒューマンサスペンスの傑作「シグナル」が原作。坂口さん演じる“現在”を生きる刑事と“過去”を生きる刑事の2人が謎の無線機を通じて、未解決事件を解き明かそうとするサスペンス作品だ。坂口さんは今作がテレビドラマ初主演となる。

 坂口さん演じる主人公・三枝健人は、独学でプロファイリングを学んだ警察官。幼い頃に起きた女子児童誘拐殺人事件や、兄が自ら命を絶つ原因となった事件で心に深い傷を負い、警察を全く信用していない。冷静な判断力と観察力を持ち、いつか自らの手で兄の事件の真相をつかみたいと“内なる情熱”を秘めた芯の強い男……というキャラクター。

 健人と時空を超えて無線機で交信する“過去”の刑事・大山剛志役で北村一輝さん、健人とタッグを組む強気でクールな刑事・桜井美咲役で吉瀬美智子さん、健人の先輩刑事・山田勉役で木村祐一さん、城西署刑事課の係長・岩田一夫役で甲本雅裕さん、警視庁の刑事部長・中本慎之助役で渡部篤郎さん、冷静な鑑識官・小島信也役で池田鉄洋さんが出演。青野楓さん、神尾楓珠(ふうじゅ)さんらも出演する。

 第1話は15分拡大版。15年前、一人の女子児童が下校途中に誘拐された。当時、小学1年生だった三枝健人は、女の子が連れ去られる様子を目撃し、ある男を指名手配し行方を追う警察に、犯人は女だと訴えるも相手にしてもらえなかった。数日後、女子児童が遺体で発見される。管理官の中本のもと、大山や岩田らは捜査を続けるが、犯人の手がかりが得られず、事件は未解決のまま15年の月日がたつ。

 女児誘拐殺人事件の時効が近づく中、健人は独学でプロファイリングを学び、ある思いを胸に警察官になっていた。しかし、過去の事件から決して警察を信用することはせず、それが理由で先輩刑事の桜井や山田から目をつけられてしまう。

 ある日の夜。健人は廃棄処分されるはずの無線機から、誰かが自分を呼んでいることに気づく。声の主は大山という刑事で、大山は巡査の健人をなぜか“警部補”と呼んでいた。大山は、健人の情報を元に訪れた病院で、女児誘拐事件で指名手配された男の首つり遺体を発見したという。大山の「彼は利用されて殺された。誘拐の真犯人は別にいます」という言葉が気になった健人は、ためらいながらも病院へと向かうと白骨遺体を発見する……という展開。

 ドラマに登場するキャラクターに焦点を当て、ドラマ本編には登場しない物語を描いた約5分の短編ドラマが、無料配信動画サービス「GYAO!」で毎週、本編の放送終了後に独占配信される。短編ドラマは全9話。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る