検索
映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに登場したTAKAHIROさん
1 / 7

映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに登場したTAKAHIROさん

EXILE TAKAHIRO:映画初主演もせりふの少ない役に驚き 「どう表現するかプレッシャー」

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」のTAKAHIROさんが24日、東京都内で行われた映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに登場。同作の六つの短編の一つ「カナリア」(松永大司監督)で映画初主演を果たしたTAKAHIROさんは、役のせりふが3ページ半ほどだったことを明かし「ここまでせりふがない役は初めてでしたし、映画は初主演ということで、せりふがないことでどう表現するか、役者としてのスタートでプレッシャーでした」と撮影を振り返った。

 イベントには夏帆さん、塚本晋也さん、松永監督も参加。映画は福島県の帰還困難区域で撮影され、TAKAHIROさんは「時間が止まっていて。町もそうですし、建物もそうですし。すごく場所の重たさを肌で感じて撮影させていただきました。ああいう場所でカメラの前に立たせてもらう機会はなかなかないので、日本人としても、いろんなことを知ることができました」と思いをはせていた。

 夏帆さんは、TAKAHIROさんと即興の芝居(エチュード)をしてから撮影に臨んだことを話し、「この2人の関係性はどういうものかと考える時間になって、こういうふうに役を作っていくという発見になり、すごく刺激的な現場でした」と回顧。塚本さんは「エチュードをあまりやったことがないんですけど、監督が映画に必要な状況を与えてくださって。やっているうちにだんだん役になっていって、そこで関係性を強く築けました」と話していた。

 「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」は、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」と「EXILE TRIBE」のコラボプロジェクト「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」の第2弾。TAKAHIROさんが主演する「カナリア」(松永監督)、「ファンキー」(石井裕也監督)、「アエイオウ」(安藤桃子監督)、「Kuu」(平林勇監督)、「Our Birthday」(Yuki Saito監督)、「幻光の果て」(岸本司監督)の六つの短編で構成されている。

写真を見る全 7枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事