検索
映画「純平、考え直せ」の初日舞台あいさつに登場した柳ゆり菜さん
1 / 1

映画「純平、考え直せ」の初日舞台あいさつに登場した柳ゆり菜さん

柳ゆり菜:髪バッサリ 体当たり演技挑戦「私のすべてささげた」

 女優の柳ゆり菜さんが22日、東京都内で行われた映画「純平、考え直せ」(森岡利行監督)の初日舞台あいさつに登場した。柳さんは、同作でヒロインの加奈を演じ、地毛の長い髪を切られる体当たり演技に挑戦。「私はこの作品にほれ、愛しました。私のすべてをささげました」と充実した表情で語った。

 イベントには、主演の野村周平さん、毎熊克哉さん、岡山天音さん、佐野岳さん、佐藤祐基さん、藤原季節さん、森田涼花さん、木下愛華さん、片岡礼子さん、森岡監督も出席。森岡監督から「ゆり菜とは一緒に舞台をやったことがあって、その時に根性があるなって思っていたけど、この映画ですごく根性を見せてくれた」と絶賛され、柳さんは「本当に大変でした。根性があるって言っていただけて、うれしい」と笑顔を見せた。

 加奈の髪を切る白神祐を演じた岡山さんは「ひどいよね。本当にすみませんでした。プロデューサーから『大事なシーンだから手加減するな』と言われ。メークさんからは『切りすぎると修正できなくなるから、本当に気をつけて』って言われて……。柳さんに受け止めていただいた」と振り返ると、柳さんは「天音君が悪いわけじゃない。本人はすごく優しい。お互いヒリヒリやったシーンでした」と語った。

 映画は、直木賞作家、奥田英朗さんの同名小説(光文社文庫)が原作。新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村さん)は、いつか“一人前の男”になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々を過ごしていた。ある日、対立する組の幹部の命をとってこいと言われ、気負い立つ純平は、退屈を持て余していた会社員の加奈(柳さん)と一夜を共にし、つい“鉄砲玉”になることをもらしてしまう。純平の情熱にあきれながらも、不思議な胸の高鳴りを覚えた加奈は、純平に「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と話す。純平が聞く耳を持たなかったため、加奈はSNSに相談する……というストーリー。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る