検索
「第42回日本アカデミー賞」授賞式に出席した(左から)上白石萌歌さん、趣里さん、平手友梨奈さん、芳根京子さん
1 / 14

第42回日本アカデミー賞:欅坂46平手友梨奈はロックテイスト ほんのり脚見せの上白石萌歌らと美の競演

 「第42回日本アカデミー賞」の授賞式が1日、東京都内で開催され、新人俳優賞を受賞したアイドルグループ「欅坂46」の平手友梨奈さん、上白石萌歌さん、趣里さん、芳根京子さんが個性あふれる華やかなファッションで授賞式に出席した。

 「響 -HIBIKI-」(月川翔監督)で受賞した平手さんは、グレーのジャケットにプリーツスカート、ネクタイを合わせた制服風のいでたち。スカートは前がミニ丈、後ろがミモレ丈の変形デザイン。ドクターマーチンの白い14ホールブーツ、白×黒のボーダーソックスを合わせてロックテイストに仕上げていた。

 「累-かさね-」(佐藤祐市監督)、「散り椿」(木村大作監督)で受賞した芳根さんは、シンプルな黒い五分袖のドレスを着こなしていた。ドレスは左の裾が長く、スリットが入った変形デザイン。サークル状の飾りが華やかな黒いサンダル、黒いバングル、黒いイヤリングを合わせたスタイリッシュなブラックコーデだった。

 「生きてるだけで、愛。」(関根光才監督)で受賞した趣里さんは、縞柄の大きなフレア袖が特徴的なモノトーンのロングドレス姿で出席。身頃は花模様で、着物の帯のようなベルトでウエストマークしていた。鮮やかなオレンジのネイルが差し色になった個性的なファッションだった。

 「羊と鋼の森」(橋本光二郎監督)で受賞した上白石さんは、スタンドカラーの白い総レースのドレスを着こなした爽やかでナチュラルなムードの装い。胸元や、ひざ上から下に透け感のあるデザインでほんのり肌を感じさせるいでたちだった。キラキラ感のあるシューズで華やかさをプラスしていた。

 同賞にはほかに「坂道のアポロン」「覚悟はいいかそこの女子。」の中川大志さん、「スマホを落としただけなのに」「ビブリア古書堂の事件手帖」の成田凌さん、「リバーズ・エッジ」の吉沢亮さん、「コーヒーが冷めないうちに」に出演した伊藤健太郎さんも選ばれた。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る