検索
1 / 11

小松菜奈:すらり腕出し…ワンショル黒ワンピでスタイリッシュに

Twitterでシェア

 女優の小松菜奈さんが9月26日、東京都内で行われた、笑福亭鶴瓶さん主演の映画「閉鎖病棟-それぞれの朝-」(平山秀幸監督、11月1日公開)の完成披露舞台あいさつに、右サイドだけがノースリーブになった黒いワンピース姿で登場。ワンピースはマキシ丈の長袖で、すっきりと出した右腕の白さがひときわ映えるスタイリッシュな大人のブラックコーデだった。

 この日の小松さんは、足元にキルト付きの黒いシューズを合わせ、ネイルも黒のワンカラーで統一。大ぶりなシルバーのイヤリングと幅広リングを着け、耳にかけた外ハネのストレートヘアや赤リップ、長めのアイラインが、小松さんの魅力を引き立てていた。

 イベントには、鶴瓶さん、綾野剛さん、主題歌を担当する韓国人歌手のKさん、平山監督も登場した。

 映画は、精神科医でもある作家の帚木蓬生(ははきぎ・ほうせい)さんによる1995年の小説が原作で、長野県小諸市のとある精神科病院を舞台にしたサスペンス。母親や嫁を殺(あや)めた罪によって死刑囚となったものの、刑の執行が失敗し生き永らえ、精神科病院に入院している男・梶木秀丸(鶴瓶さん)は、幻聴にさいなまれている患者・チュウさん(綾野さん)、父親からのDVが原因で入院する女子高生・由紀(小松さん)という2人の患者と心を通わせる。ところが彼らの日常を一変させる殺人事件が院内で発生。事件に隠された真実とは……というストーリー。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る