検索
連続ドラマ「死役所」の会見に出席した黒島結菜さん
1 / 5

黒島結菜:デニムショーパンで元気に脚見せ ハーフアップでキュートに

Twitterでシェア

 女優の黒島結菜さんが10月10日、東京都内で行われた、10月16日にスタートする人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さんの主演ドラマ「死役所」(テレビ東京系、水曜深夜0時12分)の会見に役衣装で出席。イエローのトップスに白いカーディガンを羽織り、デニムのショートパンツで元気に脚を見せていた。

 トップスはセンターがレースになっているガーリーなデザイン。足元にはブラウンのショートブーツを合わせて、秋ムードを漂わせていた。外はねのボブヘアはハーフアップにして、キュートな魅力を振りまいていた。

 ドラマは、あずみきしさんの同名マンガ(新潮社)が原作。あの世の市役所ならぬ「シ役所」を舞台に、シ役所「総合案内」で働く職員・シ村(松岡さん)が、次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃(いんぎん)無礼な態度で対応する姿を描くエンターテインメント作。黒島さんは、20歳の誕生日に急性アルコール中毒で亡くなった、天真らんまんな女子大生の三樹ミチルを演じている。

 会見には、松岡さん、清原翔さん、松本まりかさん、でんでんさんも出席した。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る