検索
「第59回ミス・インターナショナル世界大会」に出場した日本代表の岡田朋峰さん
1 / 107

ミス・インターナショナル:世界の美女が水着で競演 日本代表・岡田朋峰さんも白ビキニで抜群スタイル

Twitterでシェア

 世界3大ビューティーコンテストの一つ、「第59回ミス・インターナショナル世界大会」が11月12日、東京ドームシティホール(東京都文京区)で開かれ、82カ国・地域の代表が色とりどりの水着姿で審査に臨み、日本代表で故・岡田眞澄さんの娘の岡田朋峰(ともみ)さん(21)も白のビキニ姿で抜群のスタイルを披露した。

 ミス・インターナショナルは、ミス・ワールド、ミス・ユニバースに並ぶ世界3大ビューティーコンテストの一つで、1960年に誕生して今年で59回目。今回は82人の代表が出場し、水着審査のほか、民族衣装をモチーフにしたコスチュームやドレスの審査、英語のスピーチを経て、タイ代表で薬剤師のスィリートン・リアラワットさん(25)がグランプリに輝いた。

 水着姿で磨き上げられたフィジカルとたたずまいで魅了した代表に贈られる「ベストスイムスーツ」は、ピンクの水着姿を披露したウガンダ代表のナマトヴゥさんに決定。岡田さんはファイナリスト15人に残れず、2012年に日本人初のミス・インターナショナルに輝いた吉松育美さん以来のグランプリはならなかった。

ビューティー 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る