検索
映画「午前0時、キスしに来てよ」のリアル・シンデレライベントと完成披露舞台あいさつに登場した岡崎紗絵さん
1 / 10

映画「午前0時、キスしに来てよ」のリアル・シンデレライベントと完成披露舞台あいさつに登場した岡崎紗絵さん

岡崎紗絵:Rayモデルが深Vネックのチュールドレスですらり美脚 ハーフアップヘアがキュート

 女性ファッション誌「Ray(レイ)」(主婦の友社)の専属モデルで、4月期に放送された連続ドラマ「パーフェクトワールド」(カンテレ・フジテレビ系)で、ヒロイン・川奈つぐみ(山本美月さん)の妹を演じて話題となった岡崎紗絵さんが11月12日、東京都内で行われた映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、12月6日公開)のリアル・シンデレライベントと完成披露舞台あいさつに登場。くすみブルーで深いVネックのチュールドレスに白いレースのパンプスを合わせたフェミニンな装いで、すらりとした美脚を見せていた。

 ドレスは、ビジューがついた白いリボンでウエストマークして、スタイルアップ。ふんわりと巻いたハーフアップヘアや、パールやストーンがあしらわれた華やかなイヤリングがキュートな雰囲気だった。

 イベントには、ダブル主演を務めた橋本環奈さんとダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さん、眞栄田郷敦さん、八木アリサさん、鈴木勝大さん、酒井若菜さん、遠藤憲一さん、新城毅彦監督も出席した。

 映画は、月刊マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載中のみきもと凜さんの同名少女マンガが原作。国民的人気スターの綾瀬楓(片寄さん)と“超・まじめ人間”の女子高生の花澤日奈々(橋本さん)の“格差恋”を描く。岡崎さんは、日奈々の親友・磯山光を演じている。

写真を見る全 10 枚

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る