検索
名古屋市市政資料館で映画「午前0時、キスしに来てよ」の会見を行った橋本環奈さん
1 / 4

橋本環奈:ネルシャツ風ワンピでカジュアルに 個性派ベルトでアクセント

Twitterでシェア

 女優の橋本環奈さんが11月18日、名古屋市市政資料館(名古屋市東区)で行われた、ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんとのダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、12月6日公開)の会見に登場。チェックのネルシャツ風ワンピースに、個性的なワンショルダーのベルトを合わせたようないでたちで、白の厚底シューズに黒のシースルーソックスでカジュアルに仕上げていた。

 映画は、月刊マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載中のみきもと凜さんの同名少女マンガが原作。国民的人気スターの綾瀬楓(片寄さん)と“超・まじめ人間”の女子高生の花澤日奈々(橋本さん)の“格差恋”を描く。

 この日、会見が行われた名古屋市市政資料館は、1922年に建てられたネオ・バロック様式のレンガ造り建造物で国の重要文化財。同作のクライマックスとなる片寄さんと橋本さんのキスシーンがエントランスホールにある正面階段で撮影された。この日は劇中と同じようにレッドカーペットが敷かれ、フォトセッションが行われた。26日から12月6日まで同作の衣装展とパネル展を開催する。片寄さんと橋本さんが着用した衣装や重要なアイテムとなる靴、映画のシーンカットや名古屋でのロケ地紹介パネルなどを展示する予定。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る