検索
映画「ラストレター」の初日舞台あいさつに登場した松たか子さん
1 / 7

松たか子:イレギュラーヘムの緑ワンピで大人の脚見せ 華奢イヤリングで格上げ

 女優の松たか子さんが1月17日、東京都内で行われた映画「ラストレター」(岩井俊二監督)の初日舞台あいさつに登場。落ち着いたグリーンのワンピースに赤いソールがアクセントの黒いパンプスを合わせたコーディネートで、イレギュラーヘムから品良く脚を見せていた。

 ワンピースは、バルーン袖やボリューム感のあるスカートが大人可愛いデザイン。共布のベルトでウエストマークして、メリハリのあるボディーラインを演出していた。右の耳元に華奢(きゃしゃ)なシルバーのイヤリングを着けて、さりげなくコーディネートを格上げ。ブラウン系のネイルで、大人の落ち着きを感じさせるコーディネートに仕上げていた。

 映画は、手紙の行き違いがきっかけで始まった二つの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描く。宮城に住む裕里(松さん)は、姉の未咲の葬儀で、未咲の一人娘の鮎美(広瀬すずさん)から、未咲宛ての高校の同窓会の案内と未咲が鮎美に残した手紙の存在を知らされる。未咲の死を知らせるために裕里が同窓会に行くと、姉と勘違いされてしまう。そこで姉と同学年だった初恋の相手、乙坂鏡史郎(福山雅治さん)と再会し、勘違いから不思議な文通が始まる……という展開。裕里の学生時代と裕里の娘の颯香を森七菜さんが、鏡史郎の高校生時代を神木隆之介さんが演じる。

 舞台あいさつには、福山さん、広瀬さん、森さん、岩井監督も出席した。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る