検索
映画「Fukushima 50」のワールドプレミアに登場した安田成美さん
1 / 7

安田成美:美スタイル際立つマーメードドレス姿 ネックレス&バングルで華やかに

Twitterでシェア

 女優の安田成美さんが1月26日、東京都内で行われた佐藤浩市さんの主演映画「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」(若松節朗監督、3月6日公開)のワールドプレミアイベントに登場。美しいスタイルが際立つマーメードラインの黒いドレスを主役にした、エレガントなムード漂う大人の装いだった。

 ドレスは、ドレープの入ったトップスとロングスカートを合わせたようなデザイン。クラシカルなベルベット調で、深いVネックから美肌を見せていた。足元には、ヌードカラーのブーツを合わせて軽やかな印象。首元にはパールなどのネックレスを重ね着けし、メタリックな太めのバングルやゴールドのリングといった大人のアクセサリー使いで、華やかさをプラスしていた。

 イベントには、佐藤さん、渡辺謙さん、吉岡秀隆さん、緒形直人さん、平田満さん、萩原聖人さん、佐野史郎さん、若松監督も登場した。

 映画は、東京電力福島第1原発事故を追った、ジャーナリストの門田隆将さんによるノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫)が原作。死を覚悟して現場に残り続けた約50人の作業員“Fukushima 50”が、未曽有(みぞう)の大事故と闘い続けた姿を描く。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る