検索
映画「シグナル100」の初日舞台あいさつに登場した恒松祐里さん
1 / 5

映画「シグナル100」の初日舞台あいさつに登場した恒松祐里さん

恒松祐里:ノースリーブですらり腕出し ピンク×黒のガーリーコーデ

 女優の恒松祐里さんが1月24日、東京都内で行われた橋本環奈さんの主演映画「シグナル100」(竹葉リサ監督)の初日舞台あいさつに出席。透け感のあるチュールのノースリーブトップスに、黒いキャミワンピースを合わせたガーリーな装いで、透明感のある腕を見せていた。

 トップスは、鮮やかなピンクのカラーとプチハイネックがフェミニンな雰囲気。足元は、黒いタイツとピンクのクリアサンダルでこなれ感も演出していた。ポニーテールの毛先を編み込み、ゴムで留めたアレンジヘアでキュートに仕上げ、耳元にはクリアストーンが光るイヤリングを飾っていた。

 舞台あいさつには、橋本さん、若月佑美さん、瀬戸利樹さん、甲斐翔真さん、中尾暢樹さん、福山翔大さん、中田圭祐さん、山田愛奈さん、竹葉監督も出席した。

 映画は、宮月新さんが原作、近藤しぐれさんが作画を手がけるマンガ(白泉社)が原作。遅刻や電話、涙を流すなど100の行為をすると、自殺したくなる催眠にかけられた36人の生徒たちの壮絶なデスゲームを描いている。恒松さんは、サッカー部マネジャーの箕輪紀子を演じている。

写真を見る全 5 枚

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る