検索
1 / 9

三吉彩花:華やか総レースワンピでほんのり美肌&美脚見せ マットな赤リップで大人っぽく

 女優の三吉彩花さんが2月7日、東京都内で行われた主演ホラー映画「犬鳴村」(清水崇監督)の初日舞台あいさつに出席。華やかな総レースのロングワンピース姿で美肌や美脚をほんのりと見せ、観客を魅了した。

 ワンピースは赤のレースと胸元の黒の装飾がゴージャスな雰囲気。すっきりと出した両耳にはゴールドのロングイヤリングを飾り、マットな赤リップで大人っぽい雰囲気も演出していた。

 三吉さんは「一昨年の冬に撮影したのですが、期間が1年空いていて結構忘れてしまった部分もありました。でもインタビュー取材や番組に出させていただいたりして、撮影のことを聞かれるごとに色々思い出していきました」とこれまでを振り返り、「今は、やっときたか…!という思いです」と初日を迎えた思いを明かした。

 またイベントには清水監督も出席。清水監督は撮影の裏側について「最初の撮影現場がものすごく山奥だったので、たくさんカメムシがいたんです。皆が待っている部屋もカメムシがすごくいて。いっぱいいても、もう何も言わなくなってましたね」と笑いながら明かすと、三吉さんも「飲もうとしたペットボトルにカメムシがくっついてて、持ったらグシャッとしちゃって、くっさーい!ってなりましたね」と“カメムシ”エピソードを披露。「カメムシがきっかけでみんな仲良くなりました」と笑顔で振り返った。

 舞台あいさつにはほかに共演の坂東龍汰さん、古川毅さん、宮野陽名さん、大谷凜香さん、主題歌を担当したMs.OOJAさんらも登場した。

 映画は、九州に実在する心霊スポット「犬鳴村」が舞台。「呪怨」「THE JUON/呪怨」などで知られる清水監督がメガホンをとった。霊が見えてしまうという臨床心理士の森田奏(三吉さん)の周りで奇妙な出来事が起こり始める。すべての出来事には心霊スポット「犬鳴トンネル」という共通点があった。真相を突き止めるため、奏は犬鳴トンネルに向かうが……というストーリー。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る