検索
映画「Fukushima 50」のビジュアル(C)2020『Fukushima 50』製作委員会
1 / 11

映画「Fukushima 50」のビジュアル(C)2020『Fukushima 50』製作委員会

注目映画紹介:「Fukushima 50」佐藤浩市主演 渡辺謙、吉岡秀隆、安田成美ら出演 イチエフの最前線で日本を救った50人の壮絶な闘い

 俳優の佐藤浩市さん主演の映画「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」(若松節朗監督)が、3月6日から丸の内ピカデリー(東京都千代田区)ほかで公開される。2011年3月11日、福島第一原子力発電所(イチエフ)を襲った東日本大震災の大津波。その時イチエフ内では何が起きていたのか。現場の作業員50人は、どんな思いで福島を、いや、日本を救おうとしていたのか。海外では「Fukushima50」と呼ばれ英雄視された彼らの壮絶な闘いを真正面から描いた真実の物語だ。

 2011年3月11日。巨大地震が起こした大津波でイチエフの全電源が喪失、原子炉を冷やせなくなった。このままでは炉心は溶融してしまう。1・2号機当直長の伊崎利夫(佐藤さん)ら現場の作業員は、自らの身の危険も顧みず、原子炉建屋内に残り、原子炉の制御に奔走する……。

 イチエフの所長・吉田昌郎を渡辺謙さんが演じ、吉岡秀隆さん、緒形直人さん、火野正平さん、平田満さん、萩原聖人さん、佐野史郎さん、安田成美さんらが出演する。

 当時、新聞やテレビなどのメディア越しに、イチエフで起きていたことは伝わってきていたが、その情報はあくまで断片的で、現場の人々が具体的に何をしていたかまでは分からなかった。

 それを今回、ジャーナリスト、門田隆将さんのノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫)を基に時系列で描いたことで、錯綜していた情報がつながり、現場がいかに逼迫(ひっぱく)していたかを改めて思い知らされた。作業に当たった人々の決死の行動に胸が熱くなり、当時、そこまで思い至らなかったことに、国民の一人として申し訳なさでいっぱいになった。今なら断言できる、彼らこそ真のヒーローだと。

 メガホンをとった若松監督は「ホワイトアウト」(2000年)、「沈まぬ太陽」(2009年)、「空母いぶき」(2019年)などの作品で知られる。脚本を担当したのは、ドラマ「孤高のメス」(2019年)や「頭取 野崎修平」(2020年)、放送中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に参加している前川洋一さん。

 主要キャストだけでも40人は下らない。ほかにも地元の人々、米軍人や自衛隊員も登場する。彼らを一つに束ね、バランス良く演出した若松監督の手腕にも感服した。(りんたいこ/フリーライター)

写真を見る全 11 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る