検索
ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の最終回のワンシーン(C)TBS
1 / 13

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の最終回のワンシーン(C)TBS

佐藤健&上白石萌音:イチャイチャ&胸キュン連発…「恋つづ」最終回に視聴者悶絶

 数々の胸キュンシーンを描き、大きな話題を呼んできた連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)。3月17日に放送された最終回でも、佐藤健さん演じる“ドS”ドクターの天堂浬(かいり)と、上白石萌音さん演じる佐倉七瀬のラブラブな胸キュンシーンが多数登場。SNS上には「はあああイチャイチャしすぎだよおおおお」「めっちゃあまーい!!」「こんなイチャイチャしたドラマ見たことないぞ」といった興奮の声が並んだ。

 最終回は、冒頭から天堂と七瀬のラブラブなシーンの連続で、佐藤さんが「最終回は全部乗せです。胃もたれにご注意ください。少女マンガのすべてを詰め込みました」とアピールしていた通りの展開。「天堂先生のイチャイチャぶりが最初から飛ばしすぎててキュンキュンしすぎて苦しい」「今日何回イチャイチャ見せられればいいいの!?」などと悶絶(もんぜつ)する視聴者が続出した。

 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れて看護師に。念願かなって5年越しに再会した天堂は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描いた。

 最終回は、より看護師として成長したいと考えていた七瀬が、看護師長の茉莉子(平岩紙さん)から看護留学を勧められる。しかし七瀬は、天堂と離れたくない気持ちから踏み切れずにいた。そんな中、天堂から背中を押された七瀬は、看護留学へ……。1年後に帰国し、ラストシーンでは、天堂と七瀬の結婚式の様子が描かれた。

 冒頭から、天堂からのバックハグとキスが登場。「もうこんな時間。夜勤の準備しないと。3分で戻ります」とパンをくわえて席を立つ七瀬の腕をつかみ、天堂は「ダメだ」と引き留めて、七瀬がくわえるパンを食べる“パンキス“も登場した。また、七瀬が首をふって天堂にキスをおねだりする場面や、七瀬からの“逆バックハグ”も登場するなど、胸キュンシーンが盛りだくさんだった。

 ツイッターでは、「恋つづ」が国内トレンド1位に。「恋つづ最高!」「思い出すとドキドキとニヤニヤが止まらない」などのコメントが並び、「恋つづロス」「天堂ロス」の声が続々と上がった。早くも「続編希望」といった意見も多く見られた。また、「今回一のシーンはやっぱパンのくだりでしょ!!……パン食い笑」「パン食いキッス」「パンやばかった」「あんな最高のパンの食べ方ありますか!?」などの声も上がっていた。

写真を見る全 13 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る