検索
映画「哀愁しんでれら」で主演を務める土屋太鳳さん (C)2021 「哀愁しんでれら」製作委員会
1 / 1

映画「哀愁しんでれら」で主演を務める土屋太鳳さん (C)2021 「哀愁しんでれら」製作委員会

土屋太鳳:シンデレラさながらのドレス姿に イメージ一新? ダークな役どころで映画主演

 女優の土屋太鳳さんの主演映画「哀愁しんでれら」(渡部亮平監督)が2021年早春に公開されることになり、場面写真が5月19日、公開された。天真らんまんで真面目なイメージの土屋さんが、すべてを失った後、優しく裕福で、王子様のような開業医と出会って結婚し、“シンデレラ”となるものの、凶悪事件を起こしてしまうダークな役どころに挑戦。公開された写真には、シンデレラさながらのドレス姿でたたずむ土屋さんの姿が写し出されている。

 土屋さんが立っているのは、小学校の教室のような場所。なぜドレス姿でこのような場所にいるのか、どんな凶悪事件を起こしてしまうのかは明かされていない。8歳の女児の義理の母親にもなる役で、土屋さんは今作のオファーを3回断ったという。

 平凡な毎日を送る市役所勤めの福浦小春(土屋さん)は、一晩でいくつもの不幸が重なり、すべてを失ってしまう。人生をあきらめようとしていたが、8歳の娘を男手一つで育てる開業医と出会い、引かれていく。娘とも仲良くなり、プロポーズを受け入れ、幸せの頂点へ駆け上がるがある日、前代未聞の凶悪事件を起こしてしまう……というストーリー。

 映画「3月のライオン」(大友啓史監督、2017年)、「ビブリア古書堂の事件手帖」(三島有紀子監督、2018年)などの脚本を担当した渡部亮平さんのオリジナル脚本で、渡部さんは監督も務める。渡部さんは今作が商業映画の監督デビューとなる。

 ◇土屋太鳳さんのコメント

 初めてこの物語を読ませていただいたとき、私が感じたのは嫌悪感と疑問でした。光栄だけれど、なぜ私にと思ってくださるんだろう。理由を知りたくて監督にお会いしましたが分からず、おこがましいながらお断りしました。覚悟できないまま取り組む物語ではないからです。でも、脚本は私の前に戻ってきました。4回目に戻ってきたとき、急に「この物語は生まれたがってるんじゃないか」と感じたんです。脚本の中で小春が泣いているようにも感じました。

 私にできることがあるなら、一緒に泣くこと。理解できるかではなく生まれてくるものを愛すること。そう感じたころ共演者を知り、その方と踏み出せるならと覚悟を決めました。迷った末の撮影は得難い時間の連続でした。命が命を愛そうとするときの摩擦熱のような何かが今も心に残っています。感じていただけますよう。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る