検索
連続ドラマ「13(サーティーン)」に出演する板谷由夏さん=東海テレビ提供
1 / 8

連続ドラマ「13(サーティーン)」に出演する板谷由夏さん=東海テレビ提供

板谷由夏:夫婦の会話は「それなりに気遣い」 2人の息子と家族全員での朝ごはん心がける

 女優の板谷由夏さんが出演する連続ドラマ「13(サーティーン)」(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜午後11時40分~)の放送が、8月1日にスタートする。ある事件をとりまく家族の姿を描いた同ドラマの放送に先駆けて、板谷さんがドラマへの思いや、自身の家族や夫婦関係について語った。

 ドラマは、13歳の時に行方不明になった少女・相川百合亜が、13年後に突如家族の元に帰ってきたことから始まる衝撃のクライムサスペンス。東海テレビが制作する連続ドラマ枠「オトナの土ドラ」で放送される。主人公の百合亜を桜庭ななみさんが演じ、板谷さんは百合亜の母・麻美役で出演。百合亜の生還を一番に喜ぶが、心の底では複雑な思いを抱える母親を演じる。

 演じる麻美の印象について「麻美は真っすぐな人で、娘を思う気持ちにウソはないのですが、自分の過ちにはふたをしているんだと思います。逃げではないですが、どこか女性特有の弱い一面もある人のような気がしています」と語る板谷さん。

 麻美は神保悟志さん演じる夫・宗一と別居中で、帰って来た百合亜のために再び同居を開始する。しかし、そのやりとりにはどこかもやもやするところも。そんな麻美と宗一の関係について「ほかの女性の所に行ってしまった夫が許せなくてぎくしゃくする、麻美のそういう感情もとても女性らしいと思っています。案外、夫の宗一は一般的な普通のお父さんという気もしていて。家庭を顧みなくなるというのも人間らしく、下手にウソをつかれるよりもリアリティーがあるような気もします」と自身の思いを話す。

 一方、板谷さん自身がプライベートの夫婦の会話で気を付けていることについて聞かれると「それなりに主人に気遣いをしているとは思いますが、『気遣ってないよ!』と言われてしまうかもしれないですね」と笑いつつ、「同居人ですからそれぞれ思いやりを持ち、気を使う部分はもちろんありつつも、長年の空気感で少しずつ調和が取れていく。夫婦、家族とはそういうものだと思います」と持論を語った。

 今回、2人の娘を持つ母親・麻美を演じた板谷さんは、役と同様に2人の子供の母親でもある。自身が家族間で大切にしていることを問われると「食卓を囲む時間です」と回答。家族との時間について「普段は主人も私も仕事がありますし、息子たちは塾や習い事があるので、家族全員がそろう夕飯は1週間に2回ぐらいがやっと。その代わり、朝ごはんは全員で食べることを心がけています」と明かし、「夕飯は『みんな、集まろう!』と声をかけて、できるだけ家族で食卓を囲み、会話をする気持ちを大切にしています」と母親らしい一面をのぞかせた。

 また主演の桜庭さんの印象については「桜庭さんのふんわりした雰囲気や、どこかはかなげに見えて、実はとても芯が強いと思わせるひょうひょうとした雰囲気が、百合亜役にとても合っていると思います。桜庭さんとお話しすると、普段はかなりインドアの様子で『家で眠ることが趣味です』と言われていたりするので、かなりギャップの魅力を持っていそうだな」と印象を語り、「百合亜のように大人びていて女性らしさもあるのに、どこか少年のような雰囲気も持ち合わせている、本当に魅力的な方です」と絶賛した。

 最後はドラマについて「コロナ禍において、ドラマで描けるものとそうではないものがあると思いますし、題材も今後変わっていくと思います。もちろんこのドラマは百合亜の成長物語ですが、この普遍的な家族の話として地に足のついた形を描くことができたと思います」とコメント。「今だからこそ皆様に見ていただき、それぞれの家族の在り方というものを感じて、考えていただけるとうれしいです」とアピールした。

 第1話では、13年間行方不明だった相川百合亜(桜庭さん)が保護される。「ずっと監禁されていた……」と刑事の永井(青柳翔さん)、佐緒里(遊井亮子さん)に訴えるが、詳細については口をつぐむ百合亜に警察は不審を抱く。一方、13年の間に崩壊していた相川家。母・麻美(板谷さん)は百合亜のためにと、父・宗一(神保さん)、妹・千帆(石川瑠華さん)に対し、昔のように仲のいい家族を演じてほしいと提案する。百合亜の生還により再び歯車が動き出し、発生する第2の事件とは……という展開。

写真を見る全 8 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る