検索
8月2日スタートの連続ドラマ「親バカ青春白書」に出演する新垣結衣さん=日本テレビ提供
1 / 2

新垣結衣:新垣家のお盆の不思議なルールを告白 「パイナップルを転がして…」「我が家だけというのが衝撃的!」 

Twitterでシェア

 女優の新垣結衣さんが出演する、ムロツヨシさん主演の連続ドラマ「親バカ青春白書」(日本テレビ系、日曜午後10時半)が8月2日、スタートする。放送に先駆けて、撮影初日を終えた新垣さんがドラマの見どころや自身の家族とのエピソードなどを語った。

 「親バカ青春白書」はオリジナル作品で、ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田雄一さんが脚本統括、演出を担当。ムロさんは娘・さくらを心配するあまり、さくらと同じ大学に入学してしまう父・小比賀太郎(おびか・たろう、通称ガタロー)を演じる。新垣さんはガタローの亡き妻で、永野芽郁さん演じるさくらの母親でもある幸子役で出演する。

 新垣さんは、同ドラマのオファーを受けた際のことを「とてもうれしかったです。ムロさんも芽郁ちゃんも、以前一緒にお仕事したことがあって、その2人と家族で、お話の内容もとてもわくわくするようなストーリーですので、参加できるのがとてもうれしいです」と言う。

 自身が演じる幸子の役柄については「すでに亡くなっている設定ではありますが、太陽のような存在をイメージしているとスタッフさんから聞いていたので、それを意識しながら演じました。全体的に明るく、そして力強くいられたらいいなと思います」とコメント。撮影初日を「久しぶりのドラマ出演だったので、初日の今日の撮影は、とても充実した1日となりました。ずっとムロさんと同じシーンだったので、ほのぼのと思い出話をしたり(笑い)」と振り返った。

 また、いっぷう変わった親子を描いた今回のドラマにかけて、「家族のいっぷう変わったルール」について聞かれると、新垣家の“不思議なルール”が明らかに。「子供の頃、地元で、お盆が終わる時に、お供えしていたパイナップルを転がすんですよ。パイナップルにご先祖様が乗っているので、パイナップルを転がすことでご先祖様をお見送りするという過ごし方がありました」と話し、「どこの家庭でもやっていると思っていたので、堂々と小学校の絵日記にも描いていたのですが、他の家ではやっていないということを、けっこう大きくなるまで知らなくて(笑い)。この文化は、我が家だけだったというのが衝撃的でした!」と告白した。

 ドラマの見どころについては「私が個人的に楽しみにしているのは、若者たちが限られた時間だからこそ持っている、若者特有のキラキラしている世界に、ガタローという人物が加わることで、もっとより青春の密度が濃くなることを楽しみにしています」とコメント。「またちょっと変わってますけど、さくらとガタローの親子にほっこりするシーンがたくさんありますので、私も癒やされたいと思っています」と自身の思いも語った。

 第1話では、最愛の妻(新垣さん)を亡くし、男手一つで娘を育て上げた売れない小説家・小比賀太郎(ムロさん)が、ド天然で女子高育ちの愛娘・さくら(永野さん)が共学大学に通うことを心配するあまり、同級生として同じ大学に入学することに。陰に日なたに娘を守りながら、新たな仲間たちと共に意外に楽しい2度目の大学生活を満喫するガタローだが、さくらの身に史上最大の危険が迫っていた……というストーリー。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る