検索
「第33回日本メガネベストドレッサー賞」の表彰式に出席した藤田ニコルさん
1 / 8

「第33回日本メガネベストドレッサー賞」の表彰式に出席した藤田ニコルさん

藤田ニコル:サングラスで自信出る? 「変なこと言っちゃいそうで怖い…」

女性ファッション誌「ViVi(ヴィヴィ)」(講談社)の専属モデルでタレントの藤田ニコルさんが「第33回日本メガネベストドレッサー賞」を「サングラス部門」で受賞し、10月27日に東京都内で行われた表彰式に出席した。表彰式後の会見で、藤田さんは“異性にかけてほしいサングラス”を聞かれると、「薄めの水色のやつが好きです、ちょっと細めのやつ。(つけていると)カッコいいなと思います」と好みを明かした。

 藤田さんは「(相手の)感情を読み取りたいので、ちょっと薄めのサングラスの方がいい」とこだわりの理由を説明。「(濃い色のサングラスは)何を考えているか分からなくなっちゃので。付き合っていたらいいですけど、付き合っていないときは薄めのサングラスの方がありがたい」と語った。

 また、サングラスをかけるようになった時期について「小さいときからかけていましたけど、本当にリアルで私服で合わせるようになったのは高校生ぐらい」と説明。「サングラスをかけるとちょっと自信を持てている感じはします。変なことを言っちゃいそうで怖い」と笑いながら語った。

 「メガネベストドレッサー賞」は、業界関係者と一般消費者からの支持に基づいて選考し、「今メガネの最も似合う各界の著名人」を表彰。「芸能界部門」では女優の吉田羊さん、俳優の中井貴一さん、「サングラス部門」では藤田さん、俳優の滝藤賢一さん、「特別賞 SDGs部門」ではモデルで“めるる”こと生見愛瑠さんが受賞した。

 そのほか、「政界部門」では加藤勝信内閣官房長官、「文化界部門」ではタレントの古舘伊知郎さん、「芸人部門」ではお笑いコンビ「銀シャリ」の橋本直さん、「アインシュタイン」の稲田直樹さん、「相席スタート」の山崎ケイさん、「ミキ」の昴生さんと亜生さんが受賞した。

写真を見る全 8 枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る