検索
「第33回日本メガネベストドレッサー賞」の表彰式に出席した吉田羊さん
1 / 5

「第33回日本メガネベストドレッサー賞」の表彰式に出席した吉田羊さん

吉田羊:メガネかけないと「裸で歩いているみたいで…」

 女優の吉田羊さんが「第33回日本メガネベストドレッサー賞」を「芸能界部門」で受賞し、10月27日に東京都内で行われた表彰式に出席した。表彰式後の会見で、吉田さんは「普段は、ほぼかけて出かけています」とメガネとの付き合いを説明。「絶対かけるので、かけないで出ると裸で歩いているみたいで恥ずかしくなるぐらい(笑い)。『メガネかけ忘れた』って、わざわざ取りに戻ったりするぐらいです」とメガネへの思いを語った。

 吉田さんは、出演している現在放送中のドラマ内でもメガネをかけていることに触れ、「視聴者の方から『あのメガネすてきでした、どこのですか?』と意見をいただきまして」とエピソードを披露。「これからも『吉田羊さんがかけているから、同じメガネかけたいわ、かけたことないけどこれからかけてみようかしら』と思っていただけるよう俳優活動を頑張っていきたいなと思います」と意気込んだ。また、お気に入りのメガネは「べっこう柄」で、「べっこう柄で同じような形のものを何本か持っています」と明かした。

 「メガネベストドレッサー賞」は、業界関係者と一般消費者からの支持に基づいて選考し、「今メガネの最も似合う各界の著名人」を表彰。「芸能界部門」では吉田さん、俳優の中井貴一さん、「サングラス部門」ではモデルでタレントの藤田ニコルさん、俳優の滝藤賢一さん、「特別賞 SDGs部門」ではモデルで“めるる”こと生見愛瑠さんが受賞した。

 そのほか、「政界部門」では加藤勝信内閣官房長官、「文化界部門」ではタレントの古舘伊知郎さん、「芸人部門」ではお笑いコンビ「銀シャリ」の橋本直さん、「アインシュタイン」の稲田直樹さん、「相席スタート」の山崎ケイさん、「ミキ」の昴生さんと亜生さんが受賞した。

写真を見る全 5 枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る