検索
「ドラマスペシャル『黒革の手帖』~拐帯行~」に出演する安達祐実さん(左)と武井咲さん=テレビ朝日提供
1 / 5

武井咲:3年ぶりドラマ復帰で再び“悪女”に 「黒革の手帖」SPきょう放送 仲里依紗らも再集結

Twitterでシェア

 女優の武井咲さんが主演するスペシャルドラマ「『黒革の手帖』~拐帯行(かいたいこう)~」(テレビ朝日系)が1月7日午後8時から放送される。2017年に放送された連続ドラマ「黒革の手帖」(同局系)で主人公・原口元子を演じた武井さんが、3年ぶりにドラマ復帰を果たし、再び“悪女”となる。

 連ドラでは銀行員だった元子が、メガバンクから横領した1億8000万円と借名口座のリストが記された“黒革の手帖”を武器に、ホステスとして銀座の頂点に上り詰める姿が描かれたが、最終回ではついに警察の手が及び、どん底へ。今作ではその3年後、刑期を終えた元子が古都・金沢で再び夜の世界に返り咲く姿などが描かれる。

 「黒革の手帖」は、これまで何度も実写化されている松本清張の同名小説。今回のドラマは、清張の小説「拐帯行」が原作で、安達祐実さん、渡部篤郎さん、毎熊克哉さん、風間杜夫さん、横山めぐみさんら新たなキャストが出演。仲里依紗さんや高嶋政伸さん、高畑淳子さんらが連ドラで演じたアクの強いキャラクターたちも再登場する。

 今回のドラマは、横領と恐喝の容疑で逮捕されて実刑判決を受けた原口元子(武井さん)が、刑期を終えたところから始まる。出所した元子はスーパーのパートとして出直そうとするも、運悪く「楢林クリニック」の看護師長・中岡市子(高畑さん)と遭遇し過去を明かされてしまうなど、うまくいかない日々が続いていた。

 このまま東京にいるよりは、誰も自分のことを知らない土地で再出発しようと考えた元子は古都・金沢へ。偶然再会した「上星ゼミナール」の理事長・橋田常雄(高嶋さん)を伝い、日本屈指のITビジネス経営者で総売り上げ1000億円を誇る神代グループCEO・神代周吾(渡部篤郎さん)を紹介してもらうと、彼が経営する高級クラブ「アルテローズ」でホステスとして働き始める。

 元子は天賦の才能と魅力であっという間に頭角を現し、ママを任されることに。しかし、それまで「アルテローズ」でママを務めていた板橋レイナ(安達祐実さん)は怒り心頭。さらには銀座時代のライバルでもある山田波子(仲さん)までも現れる。

 そんなある日、神代を訪ねて森村隆志(毎熊さん)という男が「アルテローズ」にやってくる。両親が営んでいた喫茶店を閉店させた上、父親を自殺に追い込んだ神代に復讐(ふくしゅう)したい、という森村。顧客データを流出させ、金を得た森村に対し、元子は「その程度の復讐でいいのか」と尋ねて……。

 その後、ある事件をきっかけに逃避行を余儀なくされた元子と森村。しかし死を覚悟して行きついた海沿いにある静かな旅館で、佐藤良樹(風間杜夫さん)とその妻と出会ったことで、元子の人生は再び大きく動き始める……というストーリー。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る