検索

森七菜:ショートヘア&純白ティアードドレスでキュートな魅力 「日本アカデミー賞」授賞式に

 女優の森七菜さんが、「第44回日本アカデミー賞」の新人俳優賞に選ばれ、3月19日、東京都内で開催された授賞式に出席した。「ラストレター」で同賞を受賞した森さんは、ミニマムなショートヘア、白いティアードドレスを身にまとったキュートな装いだった。

 ドレスは、透け感のある袖や全体的にあしらわれたパールがエレガントな一着で、足元には黒いサンダルを合わせていた。左手の小指にリングをさりげなく光らせ、上品に着こなしていた。

 「第44回日本アカデミー賞」の選考は、2019年12月16日~2020年12月31日に公開された日本映画154本、外国映画210本を対象に、日本アカデミー賞協会の会員3953人による投票で決定した。新人俳優賞は森さんのほか、「ミッドナイトスワン」の服部樹咲さん、「朝が来る」の蒔田彩珠さん、「望み」「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」「弥生、三月-君を愛した30年-」の岡田健史さん、「MOTHER マザー」の奥平大兼さん、「弱虫ペダル」の永瀬廉さんが受賞した。

ファッション 最新記事

アクセス上位記事