検索
2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演する鈴木京香さん
1 / 1

鈴木京香:「今はもう彼女の大ファンです!」 次期NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で丹後局に

Twitterでシェア

 女優の鈴木京香さんが、小栗旬さんが北条義時役で主演する、2022年に放送予定のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演する。西田敏行さん演じる後白河法皇(ごしらかわほうおう)の寵姫(ちょうき)、丹後局(たんごのつぼね)を演じる。

 鈴木さんは「うれしいオファーをいただいたとき、私は恥ずかしながら丹後局を知らなかったものですから、慌てて資料を読みあさり、その時代には珍しく政治に積極的に関わった女性だったと知りました。年齢を重ねれば重ねるほど、その熱意をより募らせていったという丹後局。今はもう彼女の大ファンです!」とコメント。「丹後局として撮影に参加できる日を、心待ちにしています」と意気込んでいる。

 「鎌倉殿の13人」は、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男、鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかを描く。三谷さんがNHK大河ドラマの脚本を手がけるのは2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る