検索
「第13回ベストマザー賞2021」の授賞式に出席した潮田玲子さん
1 / 6

「第13回ベストマザー賞2021」の授賞式に出席した潮田玲子さん

潮田玲子:夏先取りのパンツルックでベストマザー授賞式に アクセ&ネイルで華やかさも

 バドミントン元日本代表選手で、5歳の息子と3歳の娘を持つ潮田玲子さんが5月6日、東京都内で行われた、母親たちの憧れや目標となる人を表彰する「第13回ベストマザー賞2021」の授賞式に出席。鮮やかなブルーのVネックのトップスとパンツを合わせた夏先取りの装いで、すらりと伸びた腕を見せていた。スタッズのサンダルで辛さを、シルバーカラーのアクセサリーや赤いネイルで華やかさをプラスしていた。

 今回、スポーツ部門で受賞した潮田さんは「身にあまる素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます」と感謝。コロナ禍で増えた家族の時間で「気づくこともたくさんありました」と話し、「母として間違えることもあるかと思いますが、愛情だけはわかりやすく伝わるように、そして子供たちにとってのベストマザーになれるようこれからもしっかり向き合っていきたいと思います」と意気込んだ。
 
 同賞は、日本マザーズ協会が2008年から選出しており、全国の母親の投票によって受賞者が選ばれる。芸能部門はアイドルグループ「AKB48」の元メンバーで女優の篠田麻里子さん、文化部門はモデルの蛯原友里さん、芸術部門は写真家で映画監督の蜷川実花さん、政治部門は国際政治学者の三浦瑠麗さん、特別部門は家政婦のタサン志麻さんが選ばれた。

写真を見る全 6 枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る