検索
「第13回ベストマザー賞2021」の授賞式に出席した蛯原友里さん
1 / 6

蛯原友里:大人フェミニンなパンツルックでベストマザー授賞式に 「母として強くありたい」息子への思い語る

Twitterでシェア

 モデルの蛯原友里さんが5月6日、東京都内で行われた、母親たちの憧れや目標となる人を表彰する「第13回ベストマザー賞2021」の授賞式に出席した。ほんのりと透け感がある、フリルたっぷりのピンク系のブラウスに、白いワイドパンツというフェミニンな大人の装いで、大ぶりのシルバーカラーのイヤーリングやバングルを合わせ、コーディネートを格上げしていた。

 5歳の息子を持つ蛯原さんは、文化部門で受賞。「とてもうれしく心より感謝いたします」と喜び、「母となり、子育てを通して幸せを感じる毎日です。息子が少しずつ成長していく日々、その毎日が私の記念日だと思っています。いろんなことを乗り越えていく息子を近くでそっと支えられる母として、強くありたい。息子との時間をこれからも大切に、たくさんの笑顔で喜びあふれる日々を過ごしていきたいです」と息子への思いを語った。

 同賞は、日本マザーズ協会が2008年から選出しており、全国の母親の投票によって受賞者が選ばれる。芸能部門はアイドルグループ「AKB48」の元メンバーで女優の篠田麻里子さん、スポーツ部門はバドミントン元日本代表選手の潮田玲子さん、芸術部門は写真家で映画監督の蜷川実花さん、政治部門は国際政治学者の三浦瑠麗さん、特別部門は家政婦のタサン志麻さんが選ばれた。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る