検索
「Ladies for Cinema Project」のオンライン発表会に出席したLiLiCoさん
1 / 5

「Ladies for Cinema Project」のオンライン発表会に出席したLiLiCoさん

LiLiCo:シャツ×デニムの華やかコーデで剛力彩芽とトーク 女性監督ならではの作品に「男性も何か感じ取って」

 タレントで映画コメンテーターのLiLiCoさんが5月11日、映画業界に関わる女性の活躍を応援する「Ladies for Cinema Project(レディース フォー シネマ プロジェクト)」のオンライン発表会に出席。鮮やかなピンクのシャツにデニムパンツ、足元にはキラキラと輝くパンプスを合わせた華やかなコーディネートで、女優の剛力彩芽さんと共にトークセッションを行った。

 同プロジェクトは、米国アカデミー賞公認の、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」の企画として2019年から行われ、映画を通じて女性の監督やプロデューサーなど女性映画人の思いを発信。今年は映画祭のメイン期間(6月11~21日)に先駆けて、11日から世界で活躍する5人の女性フィルムメーカーの作品配信がスタートしている。

 今回配信される作品についてのトークでは、剛力さんは大富いずみ監督の「SHIBUYA,TOKYO 16:30」が最も印象的だったと語り、映画監督を志す助監督の主人公が、念願の機会を前にしてさまざまな葛藤を抱く……という作品について「はっきり言わない二人のもどかしさや、せっかく前に進めそうなのに進めないという苦しさが今の何かを象徴していると感じました」とコメント。

 LiLiCoさんも「エンドロールが終わってもこの作品は終わっていないという感じが、何とも言えなかった。この作品は、男性のプロデューサーが弱い女性を利用しているストーリーですが、同じような経験をした方も多くいるかと思います。今は“自分の思いを言う勇気”を持った女性も多くなってきてはいますが、この作品を見て女性だけでなく、男性にも何か感じ取ってほしいです」と、女性監督ならではの感性で作られた特徴的なシーンについて語った。

 さらに、同映画祭のアンバサダーを務めるLiLiCoさんは「映画は心で楽しむものだと思っていて、今、このような状況下で心を潤してくれるのは、素晴らしい作品やエンターテインメントだと思います。ぜひ、皆さんSSFF & ASIAでたくさんの作品に触れ合ってください!」と呼びかけていた。

写真を見る全 5 枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る