検索
(C)TBS
1 / 4

北川景子:出産後初の連ドラ主演、4カ月走り抜け「家族に感謝でいっぱい」 リコカツ最終回への思いも

Twitterでシェア

 女優の北川景子さんが主演を務める連続ドラマ「リコカツ」(TBS系、金曜午後10時)が6月18日の放送で最終回を迎える。昨年9月に第1子女児を出産後、初の連ドラ主演となった北川さんは「それこそ家族総出で、なんとか育児と家庭を回していった感じでした。『負担かけてるな』とか『我慢させてるよな』という(撮影期間の)4カ月でもあったので、家族には感謝でいっぱいです」と話す。最終回への思いや見どころ、ドラマでも描かれた仕事と家庭の両立について北川さんが語った。

 ◇永山瑛太と演じることで「予想以上に」

 ドラマは、ファッション雑誌の優秀な編集者・水口咲(北川さん)と、生真面目な自衛官・緒原紘一(永山瑛太さん)が、価値観の違いから新婚早々にもかかわらず離婚を決意し、離婚に向けた活動=「リコカツ」を進め……というストーリーで、11日の第9話までに、互いを思いながらも離婚を選んだ咲と紘一のすれ違いや、再び思いを伝え合う姿が描かれてきた。

 ドラマがスタートした時には、最終回での展開が分からなかったという北川さん。「1~2話を撮っているときは、離婚することもそんなに知らなかったと思うんです。6話で離婚したときは、婚姻届に不備があって受理されていなかったんじゃないかとか、紘一さんは『出した』って言ってるけど、実は出していなかったんじゃないか?と、自分はまだ信じられないくらいだった」と振り返る。

 永山さんとは、毎話打ち合わせをして撮影に臨んだ。「(台)本読みをして、『ここのセリフ、血が通っていないよね』とかそういう話をして。じゃあどうしたら生きた言葉になるか考えて。セットで動いてみて、こうしたらいいんじゃないかと、毎回瑛太さんの方がアイデアを出してくださった」と明かし、瑛太さんと演じることで「こういうシーンだったんだというのが分かった。2人でやると予想以上になる」と手応えを口にする。

 例えば、咲が離婚届に判を押すことになった第5話では、「私(咲)が、『あなたが仕事をやめて家庭に入ってもらうわけにはいかないの?』と聞いたシーンが、本で読んだときはそこまで緊張感のあるシーンと想像できなかったんですけど、2人でリハをやっていくうちに、ここは本気でやらないと『なんで離婚したんだろう?』ってなるし、本気でやらないとだよねって空気になっていた。瑛太さんもすごく集中されていました」と振り返る。

 ◇17歳でデビュー後ずっと「仕事が命」

 北川さんは、1986年8月22日生まれ、兵庫県出身。2003年、女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の「ミスセブンティーン」に選ばれ、モデルデビュー。テレビドラマ「美少女戦士セーラームーン」(TBS系)で女優デビュー後は、「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」「謎解きはディナーのあとで」「HERO」(いずれもフジテレビ系)、「家売るオンナ」(日本テレビ系)などのテレビドラマや、数々の映画作品に出演してきた。

 「17(歳)でデビューして、休みの期間があったりするとすごく不安で。『1カ月も何も演じていないけど大丈夫かな?』とか、その間にほかの同年代の女優さんが活躍している姿を見ると『(自分は)怠けているのかな?』とか『働かなきゃ』ってすごく思う、仕事人みたいな感じでやっていて。ずっと仕事が命というのが、この世界で生きていく上で当たり前だと思っちゃってて……」と仕事一筋でやってきた。

 2016年1月にタレントのDAIGOさんと結婚。「29(歳)で結婚してからも、結婚する前に決まった仕事が2~3年ずっとあったので、籍は入れたものの仕事優先みたいな感じだった」という。

 「リコカツ」でも、仕事と家庭のバランスに悩む咲の姿が描かれた。小説家の水無月連(白洲迅さん)との仕事に奮闘する咲が、「夫が帰ってきたのにずっと仕事の電話をしていて、夫が話したいときに時間が取れない」というシーンを振り返りながら、「今、自分は仕事にかかりっきりで、自分自身すごく自己嫌悪になるときもあったりしたので、共働きの夫婦の人たちがお互いの仕事を頑張っていると、なかなか家庭に向き合う時間が取れないというのがすごく共感できる」と話す。

 ◇家族に「ありがとう」と言いたい

 ここ数年で、「このペース(での仕事)では自分の年齢的に難しいな、子供がいるので、家庭とも向き合いたいなという気持ちになってきた」という北川さん。昨年9月の出産後、初めての連ドラ主演となったが、「連続ドラマを1本主演する中で、4カ月間、家を空ける時間が長く、子供もいるので、自分の親にもすごく協力してもらったし、相手の親も、もちろん夫も、全家族でなんとか育児と家庭を回していったというか、それこそ総出でやった感じだった」と振り返る。

 撮影期間中は、「みんなのおかげでやれたので『ありがとう』と言いたいなと、ずっと思っていた」といい、「『負担かけてるな』とか『我慢させてるよな』という4カ月でもあったので、そういう意味でもすごく感謝でいっぱい」と思いを語る。

 ドラマはいよいよ最終回を迎える。北川さんは「今まで男女の関係や、仕事と家庭の両立みたいな部分をリアルに描いてきたドラマだからこそ、最後きれいごとで終わらせるのは絶対よくないと自分たちも分かっていた。こういう終わり方なら皆さんも『あ、そうきたか』という脚本をみんなで作ったような気がしています」と自信をのぞかせる。

 「自分たちは見てくださるお客様がいて、10話のマラソンをここまで走り続けることができたなと思っているので、皆様にはありがとうございましたとお伝えしたいです。こういう作品で久々に連ドラ復帰できて本当によかったなと思います」と充実感をにじませ、「最後の最後のラストシーンまで、2人がどうなるのかはわからないので、楽しみにしていただきたいです」と呼びかけた。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る