検索
映画「キネマの神様」の完成披露舞台あいさつに登場した北川景子さん
1 / 11

映画「キネマの神様」の完成披露舞台あいさつに登場した北川景子さん

北川景子:ブラックドレスで品良く&華やかに 大人のシンプルコーデ

 女優の北川景子さんが6月28日、東京都内で行われた映画「キネマの神様」(山田洋次監督、8月6日公開)の完成披露舞台あいさつに登場。ビジューが輝くブラックドレスを、外はねのミディアムヘアで着こなした上品で華やかな装いだった。シャープなデザインのロングイヤリングを合わせた大人のシンプルコーデだった。

 舞台あいさつには、同作に出演した菅田将暉さん、永野芽郁さん、ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎さん、寺島しのぶさん、前田旺志郎さん、宮本信子さんと、山田監督も出席した。
 
 映画は、人気小説家の原田マハさんの同名小説が原作。歌手の沢田研二さんと菅田さんのダブル主演で、1920年に松竹の前身となる松竹キネマ合名社が設立され今年で100周年を迎えることを記念して製作。当初は昨年3月に死去した志村けんさんと菅田さんがダブル主演を務める予定だった。

 「映画」を愛してやまないギャンブル漬けで借金まみれのゴウ(沢田さん)。若き日のゴウ(菅田さん)は助監督として、青春を謳歌(おうか)していたが、初監督作品「キネマの神様」の撮影初日に転落事故で大けがをし、作品は幻となってしまう。半世紀後の2020年、あの日の「キネマの神様」の脚本が出てきたことで、ゴウの中で止まっていた夢が再び動き始める……というストーリー。北川さんは若き日のゴウを可愛がる女優の桂園子を演じた。

写真を見る全 11 枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る