検索
1 / 2

佐藤健:「大切な人を守れる社会であってほしい」 石巻市を訪れ主演映画への思い語る

Twitterでシェア

 俳優の佐藤健さんが9月13日、イオンシネマ石巻(宮城県石巻市)で行われた、主演映画「護(まも)られなかった者たちへ」(瀬々敬久監督、10月1日公開)の石巻凱旋(がいせん)舞台あいさつに、瀬々監督と出席した。東日本大震災から10年目の仙台を舞台にした作品で、佐藤さんは「自分の大切な人を守れる社会であってほしいし、そういった社会を作るために、一人一人が声をあげるんだとか、どうやって生きていくんだと考えることが重要なんじゃないかと思います。そんな願いをこめて作られた作品。皆さんに届いたらうれしいです」と思いを語った。

 映画は、作家・中山七里さんの同名小説(NHK出版)が原作。東日本大震災から10年目の仙台で、全身を縛られたまま放置され“餓死”させられる不可解な連続殺人事件が発生。捜査線上に浮かんだのは、別の事件で服役し出所したばかりの利根(佐藤さん)。利根と被害者たちとの接点を見つけ出した刑事の笘篠(阿部寛さん)が追い詰めていくが、決定的な確証をつかめないでいた。やがて第3の事件が起きてしまい……というストーリー。

 撮影は約1年前、石巻南浜津波復興祈念公園などで行われた。この日の舞台あいさつの前に同公園を訪れた佐藤さんは、「撮影の時点では更地だったのが、非常に美しい公園が完成していました。すごく広いので、その広さの分、当時の被害の大きさも感じたのですが、立ち上がって前を向いた人たちがいたから、復興にたどり着いたということに胸を打たれました」と振り返った。

 撮影での印象的なエピソードを尋ねられると石巻市の海で撮影したシーンを挙げ、「芝居の上で初めての感覚があって、“海を見る”感覚が変わったというか。非常に複雑な気持ちで撮影をし、映画としても意味のあるシーンになっていると思います」と明かした。

 また、佐藤さんは「この映画に描かれていることが全てだとは思いませんし、きっと見る角度から、見る目線によって、その数だけ正義があって、その数だけ真実があるんだと思います」ともコメント。「皆さんが映画を見て感じたことを教えていただきたいですし、周りの方々に広めていただけたら幸いです」と呼びかけた。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る