検索
1 / 8

みちょぱ:「目玉が取れても…」 小1から持つ“一生捨てられないもの”を告白

Twitterでシェア

 モデルでタレントの“みちょぱ”こと池田美優さんが11月24日、東京都内で行われたフリマアプリ「メルカリ」初のファッション実店舗「サステなストア」のオープニングイベントに登場した。イベントで、「昔から大事にしているもの」を聞かれた池田さんは、「小学校1年生から持っているぬいぐるみがいまだに捨てられなくて……」と照れ笑いで告白。「すごくボロボロで黒くなっても、小さい頃から洗濯してもらったり、目玉が取れても接着剤でつけて……と、今でも捨てられなくて。部屋の時計の横にちょん、と置いてあって。『一生これは捨てられないな』と(笑い)」と明かしていた。

 「サステなストア」は欧州を中心に広がっている持続可能な消費を促す「グリーンフライデー」にあわせ、メルカリが新たなSDGs活動の一環として表参道にオープンする、サステナビリティーを体験できるファッション実店舗。店で販売されるファッションアイテムは、一般利用者が「メルカリ」上でハッシュタグ「#サステなストア」をつけて出品したアイテムの中から公募し、出品応募期間中に総計5万点を超えるアイテムが出品された。11月25~27日の期間限定でオープン。

 イベントでは同店のオープニングセレモニーも実施したほか、店に並ぶ商品の一部をセレクトした池田さんが、同店やサステナビリティについてトーク。池田さんは同店について「たくさんいろんな商品がそろっていてもう選び放題だと思うので、ぜひ遊びに来ていただけたら。いまは買い物をするだけでサステナブルなアクションの一つになるみたいなので、手軽に気軽にできる、ということをみなさんに知っていただけたらなと思います」とアピールしていた。

 この日は、池田さんは、漁で使われる網がリサイクルされているという白のワンピース姿で登場。「素材も、普通のよりさらにいいぐらい。めちゃくちゃ着心地がいいのにリサイクルされたワンピース、と聞いて。これはいいな、と思いました」と感想を明かした。また、今年楽しみたい秋冬ファッションについては「今は形とかものがはやりというより、サステナブルな行動をしてゲットしたものがはやり、というイメージがある。『これ、実は新品じゃなくてメルカリで買ったんだよ』とか言って、それが今のトレンドなんだとはやらせたいなと思います」と笑顔で語った。

 イベントにはインフルエンサーのTakumaさん、スタイリストの大山シュンさんらも出席した。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る