検索
/article/20220114dog00m100001000c.html?photo=001
1 / 12

芦田愛菜:ジュエリー身に着け「ソワソワ」 高校2年で「まだまだ子供だなと思うことも」

Twitterでシェア

 女優の芦田愛菜さんが、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる「第33回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の10代部門に選ばれ、1月13日、東京都内で開催された表彰式に出席した。表彰式のスピーチで「今までジュエリーを身に着けさせていただく機会があまりなかったので、このようなジュエリーが私にふさわしいのかなと、ソワソワしてしまう気持ちもあるんですけれども」と話すも、「宝石のように内側から輝けるような女性になっていければいいなと思います」と力強く語った。

 芦田さんは、アコヤパールのネックレスを身に着けて登場。表彰式後の会見では「大人の女性に近づけるような、そんな気がします」とコメント。恋愛について聞かれると「いつかはそんな機会があれば……すてきな方がいたらいいなと思います」と笑顔で答え、バレンタインは「友チョコとか贈ったりします」と話した。

 現在は高校2年で「まだまだ子供だなと思うことがたくさんある」と明かし、「朝なかなか起きられなくて、母にたたき起こされてしまう日もあるので……今日は起きられました!」と元気に話していた。

 同賞はジュエリーが似合う著名人を世代別に表彰するもので、今回で33回目の開催。20代部門は広瀬アリスさん、30代部門は佐々木希さん、40代部門はアンミカさん、50代部門は真矢ミキさん、60代以上の部門は宮崎美子さんが受賞。男性部門は北村匠海さんが受賞した。東京五輪の卓球混合ダブルス金メダリストの水谷隼さんが特別賞に選出された。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事