検索
/article/20220126dog00m100003000c.html?photo=002
2 / 3

鈴木京香:年齢には「ありがたさしか感じない」 50歳迎えた喜びでパーティーも

Twitterでシェア

 年齢を重ねるほどに輝きを増している女優の鈴木京香さん(53)。30年以上にわたって常に第一線で活躍してきた女優にとって年齢とはどんなものなのだろうか。日ごろから年齢を意識していないと話す鈴木さんに、年齢を重ねることや日々の暮らし方などについて聞いた。

 ◇魅力に年齢は関係ない

 「子供のころからずっと大人びて見られてきたせいか、実は、年齢に対してなんとも思ったことがないんです(笑い)。モデルや女優の仕事を始めてからはいっそう実年齢と違う役をやることも多かったので、逆に、年齢を意識せずにこの年まできているのかもしれませんね」

 40代から50代など年代が変わる節目のときも、「時間がたつのは早いなあと思う程度だった」とほほ笑む。

 「年齢を重ねることって、経験を重ねてきた時間なんですよね。だから、ありがたさしか感じない。50歳になったときなんか、30年もこの仕事を続けられたことがうれしくて、大きなパーティーを開いたくらいなんです(笑い)」

 そんな鈴木さんに憧れている年齢があるのかと尋ねると、「20代のときは早く38歳になりたいと思っていたんです。38っていう数字が好きで」と素直な答えが返ってきた。

 「これから先だったら何歳がいいのかなあ。7と8が好きなので、78歳とか?(笑い)。78といえば、『おかえりモネ』で共演した藤竜也さんより二つ下になるんです。藤さんを見ていると、人の魅力に年齢は関係ないという思いを新たにしました。とにかくカッコよくて、すてきで、個性の輝きに魅了されました」

 ◇運動、食事、睡眠を大切に

 多忙な日々を送る中、大切にしていることは運動と栄養の偏りがない食事、そして7時間の睡眠を確保することだという。

 「パーソナルトレーナーに付いてもらって、フレキシブルに体が動くようなエクササイズをやっています。週1回くらいジムに通って体を動かすということが、一番長く続いていますね。マンツーマンでやり始めたのは30代半ばごろだったかな。この6年くらいはストレッチを中心にやっていて、とても気に入っています」

 自炊がほとんどだという毎日の食事は、栄養バランスを考えた“具だくさんスープ”を作り置きするなどの工夫をしている。

 「お鍋一つでできますし、一度にたくさん作っておくと、何日も食べられるので安心するんです(笑い)。朝、野菜スープをいただいてから仕事に行くのが習慣になっていますね。お休みのときにスープや夕飯のおかずなどを作り置きしておいて、仕事の日でもしっかり栄養がとれる食事ができるように心がけています。

 ただそれ以外では、食事で気をつけていることは特にないかな。ドラマの撮影中は、お弁当を昼も夜も食べる食生活なんですね。栄養が足りないと思ったら、野菜スープだとか、自分なりの工夫で補えばいいこと。食事で栄養が取れないときは、サプリメントで補うようにしています」

 ◇趣味は美術館めぐり

 コロナ禍以前は旅行が趣味だったという鈴木さん。旅行先で楽しんでいた美術館めぐりは感染対策をしながら続けている。

 「この前は、渋谷の松濤美術館を建築された方の展覧会を観に行きました。お気に入りの美術館もたくさんあります。六本木の森美術館で開催されていた『アナザーエナジー展』は、世界で活躍する女性アーティストにスポットを当てた展覧会で、素晴らしかったですね」

 いずれ制限なく自由に出かけられる環境になって、スケジュールや状況さえ整えば、乗馬を再開するなどやりたいことがたくさんある。

 「スキーは大人になってからしていないし、モデルを始めてからは海にも入っていない。大好きなテニスもインドアコートでやっていたくらいで(笑い)。でも、本当ならもっと自然のもとで日焼けとか気にせずスポーツをしたいんですよ。これからは少しずつ表に出たいなあと思っています。

 私、どこか注意深すぎるというか、とても用心深くて。でも、だからこそ、今までこうしてケガもなく、体調を崩すこともなく、ずっと健康なのかもしれないですね。日ごろからあまりダイナミックなことをしないというか、むちゃをしないので(笑い)」

 ◇後輩とも積極的に交流するように

 2022年は早速、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK、日曜午後8時)に出演。大河ドラマ出演は今回で6作目。ベテランの存在感で物語に花を添える。最近は若い世代とも積極的にコミュニケーションを取ることを心がけている。

 「今までは、どちらかといえば、先輩方と話す機会が多かったんですよ。最近、現場は若いスタッフや出演者が多いですから、もっと積極的に話さなきゃダメだと思って。

 共通の話題がないように思えますが後輩たちがどういうことを考えて、何が面白いのかということを聞くのが楽しくて。『今、学校で何がはやっているの?』といった話は、かなりしつこく聞くようにしています(笑い)。

 そうすると、彼らも『そんなこと聞かれても困る!』とか言いながらも教えてくれるんですよ。最近は、しっかりした後輩に引っ張ってもらう現場もいいなあと思います」

 ◇自分が思う心地いい生き方がベスト

 1月26日には出演するサントリーウエルネスのサプリ「セサミンEX」の新CMの放送が始まった。「いつまでも若々しく、人生を謳歌(おうか)したい全ての人に向けて 『実感年齢で生きること』を提案」するという内容。「実感年齢」とは「実際の年齢とは別に自分自身で感じている年齢のこと」だという。

 鈴木さんはCMの撮影では、ゴムチューブを使ったトレーニングに挑戦。自身にとって「実感年齢で生きること」とは、「快適に体を動かせる状態を保つために、ベストな状況で生活すること」と明言する。

 「“実感年齢で生きる”という考え方って、すごくいいことだと思いました。自分が思う心地いい生き方ができることが一番素晴らしいこと。そういうことを意識しながらベストな状況で生活することが、実感年齢で生きることなんじゃないでしょうか」

(取材・文/服部広子)

ビューティー 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事