検索
映画「大河への道」の先行プレミア上映イベントに登場した北川景子さん
1 / 25

映画「大河への道」の先行プレミア上映イベントに登場した北川景子さん

北川景子:55歳から始めたいことは「肉体改造」 松山ケンイチは「家を一人で建ててみたい」

 女優の北川景子さんが5月9日、東京都内で行われた、中井貴一さん主演の映画「大河への道」(中西健二監督、5月20日公開)の先行プレミア上映イベントに共演者と出席した。伊能忠敬を主役にした大河ドラマの開発が進むが、驚くべき新事実が発見される……という物語。伊能忠敬が55歳から地図作りを始めたことにちなみ、55歳から始めたいことを聞かれた北川さんは「肉体改造したいです」と話した。

 「私の両親も55(歳)を超えている」と明かし、「(年齢を重ねると一般的に)だんだん体が衰えていく。私は逆行したいなと今、思いました。55歳からさらに若返る、みたいな。山登りとかしたいです。見た目がムキムキとかじゃなくて、中から」と理想を語った。

 この日は、中井さん、松山ケンイチさん、岸井ゆきのさん、和田正人さん、溝口琢矢さん、平田満さん、橋爪功さんも出席した。

 松山さんは「家を一人で建ててみたい。基礎から作ってみたいです」と回答。DIYなどは「ちょっとやっている」といい、「でも基礎とか作ったことはない。一人でやってみたいです。だから(重機などの)免許もとらないといけない」とコメント。「できるだけシンプルがいい。まきストーブは一番シンプルだと思う。床暖房やエアコンとかになっちゃうと(電気工事が必要なので)ややこしくなりそう」と具体的なプランを語っていた。

 映画は、落語家・立川志の輔さんの新作落語「大河への道―伊能忠敬物語―」が原作。大河ドラマにまつわる現代の喜劇と、200年前の日本地図の完成に隠されたミステリーという二つのドラマで構成される。

 千葉県香取市では地元を盛り上げるべく、郷土の偉人・伊能忠敬を主役にした大河ドラマのプロジェクトが進む。しかし、1821年に初の日本地図を完成させたのは、伊能忠敬ではなかったという驚くべき新事実が発見される。そこには涙なしには語れない秘密の物語が隠されていた……というストーリー。

 北川さんは観光課の課長・小林永美と伊能忠敬の元妻エイ、松山さんは市役所総務課員の木下浩章と中井さん演じる高橋景保の助手・又吉の二役を演じた。

写真を見る全 25枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事