検索

ミス・ワールド2022:日本代表に20年の準ミス、富山県出身の山口佳南さん 姉とそろってファイナリストで注目

Twitterでシェア

 世界大会「ミス・ワールド2022」に出場する日本代表を選出するコンテスト「ミス・ワールド・ジャパン2022」の日本大会が9月22日、東京都内で開催され、ファイナリスト31人の中から富山県出身のモデル、タレントで、準ミス・ワールド2020日本代表も務めた山口佳南(かな)さん(24)がグランプリに選ばれ、日本代表となる「ミス・ワールド・ジャパン2022」の座に輝いた。スポーツ部門の1位にも選ばれた。

 山口さんは1998年4月16日生まれ、身長160センチ。今回、姉の山口真由さん(26)とそろってファイナリストに選ばれ、注目されていた。姉妹がそろって同じ年のファイナリストに選出されるのは初めてだった。

 受賞が告げられると感極まったような表情を見せ、「この瞬間を夢見て精進してきた。たくさんの方の支えがあったことに感謝の気持ちでいっぱいです」と受賞を喜んだ。

 受賞後のスピーチでは同コンテストへの再チャレンジについて「よく聞かれた」といい、「2年前の自分には世界に行く自信がありませんでした。自分で自分を応援できるようになったらもう一度チャレンジしたいと思っていた」とコメント。

 今後、予定されている世界大会へ向け「歴代のミスの方々。素晴らしい先輩方の後を継ぎ、日本代表として皆様に応援していただけるように精進します。ほかのファイナリストの思いも背負って堂々と世界大会に出場できるように頑張ります」と意気込んだ。

 「ミス・ワールド」は、「美に集まる力を社会貢献に生かす」ことを目的に1951年にスタートし、今年で72回目。ミス・ユニバース、ミス・インターナショナルと並び「世界3大ミスコンテスト」と呼ばれている。今回は7107人の応募の中から、33人がファイナリストに選出。1人は途中棄権、1人はこの日の大会を欠席した。

ビューティー 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら