検索
映画「あちらにいる鬼」の完成披露試写会に出席した広末涼子さん(左)と寺島しのぶさん
1 / 13

映画「あちらにいる鬼」の完成披露試写会に出席した広末涼子さん(左)と寺島しのぶさん

寺島しのぶ:広末涼子は「鈍感力が優れている!」 “出演作見て号泣”にびっくり

 女優の寺島しのぶさんが9月29日、東京都内で、主演映画「あちらにいる鬼」(11月11日公開、廣木隆一監督)の完成披露試写会に、共演した広末涼子さんと出席した。2人は完成作を一足早く鑑賞。寺島さんは「三分の一くらいしか覚えていない。自分のアラばっかり見えた」と振り返り、それとは対照的に、号泣したという広末さんの切り替えの早さに「やっぱり一世を風靡(ふうび)したスーパースター。底力と鈍感力が優れている!」と評した。

 寺島さんは、普段はあまり出演作を見ないものの、今回は廣木監督への信頼感から2度、試写に足を運んだといい、「2回見ても、全く平常心では見られなかった。自分のアラばっかり見えた」と反省しきり。一方で試写に同席した広末さんは号泣しており、「涙をゴ~ッ! と垂らしていた。『どうしたの?』って聞いたら『映画に感動しちゃって……!』と。『なんでこの人はこんなに切り替えられるんだろう?』と思った。すごいんですよ」と当時を振り返って、広末さんを絶賛した。

 それを聞いた広末さんが「本当にすてき(な映画)だった。3カ所は号泣した」「誰の立場になって泣いているのか分からないけど、単純に寺島さんにもらい泣きしたり……」と説明すると、寺島さんは「私は自分のことしか考えられないちっぽけな人間。本当に、飲みに行っても『ああ! なんでこんなことしちゃったんだろう……!』みたいなことしか考えられない。やっぱり一世を風靡したスーパースター。底力と鈍感力が優れている!」と話した。

 映画は、直木賞作家・井上荒野さんが、父である作家・井上光晴と母、そして瀬戸内寂聴さんをモデルに、男女3人の特別な関係を描いた同名小説が原作。人気作家として活躍した長内みはる(のちの寂光=寺島さん)は、同業者で妻子ある白木篤郎(豊川悦司さん)と出会い、互いにのめり込んでいく。そんな2人と、全てを承知しながら心を乱すことのない男の妻・白木笙子(広末涼子さん)。同志にも共犯にも似た不思議な3人の関係を映し出す。

 劇中では寺島さんが髪をそるシーンもある。実際に髪をそり落とした寺島さんは「一発勝負だったので、みんなピリッとした。私は(覚悟を決めて)挑んでいる感じだったのでけっこう大丈夫だったんですけれど、メークさんやプロデューサーも、そる前からみんなが泣いちゃった。試合前に、国歌を歌いながら泣いちゃっている選手みたいな感じだった(笑い)。変なアドレナリンが出た」と振り返った。

 この日は廣木監督も出席。体調不良でイベントを欠席した豊川さんからサプライズメッセージが届いた。

写真を見る全 13枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事